バイク相談室

ライディングジャケットのサイズはどうやって選ぶ?

 

ライディングジャケットを選ぶ際に、いつもの服選びと違って気を付けたいのはウエアのサイズ。全体のサイズ感はもちろんだけど、とくにソデ丈には注意。ライディングフォームを取ったときにソデが短すぎて手首の関節が完全に見えてしまったり、逆に長すぎて手の甲が隠れてしまったりしないかどうかを確かめよう。ちょうどいいのは、手首の関節がピッタリ隠れること。実際に、売場で試着してライディングフォームの真似をしてみるといいよ。

また、前傾姿勢のライディングフォームになるバイクに乗っている人は着丈にも注目しよう。バイクに乗っているときに常に背中が見えているなんてことになると、転倒時のリスクが高まるし、カッコ悪いので注意したい。スポーツモデル向けのジャケットでは背中が出てしまわないように長めに取られていることも多いから、そういったジャケットを選ぶといいよ。

 

最後にはじめてのジャケット選びという人にアドバイス。ピッタリなサイズ感のジャケットの方が着ていてカッコイイし、バタつきが少ないのは間違いないけれど、冬場になかに着込める余裕があるかどうかも考えてサイズ選びをしておくと、あとあと困ることが少なくなると思うな。

 

シェア

LINEで送る
Pocket