バイク相談室

防水透湿素材っていったいなに?

バイク雑誌やウエアカタログなどによく出てくる「防水透湿素材」という言葉。この素材は名前のとおり”防水性”がありながら”透湿性”がある”素材”のこと。もっと簡単に言えば、”水は通さないが、水が蒸発した水蒸気は通す素材”のことだ。

 

 

透湿防水素材は、図のゴアテックスのように、表地と張り合わせるフィルム状のタイプと、生地に直接塗布する溶剤の2系統がある

この素材を使ったレインウエア、ジャケットの特徴は、“防水ながらウエアの内部のムレを解消してくれる”ことにある。「なんだ。たかが、ムレぐらい…」と思うなかれ、人間が出す汗は相当の量。汗として目に見えなくても毛穴から蒸散という形で相当量の汗がつねに放出され続けている。その蒸散した汗が外気で冷やされると、レインウエアの内側で結露して水滴となる。

 

また、レインウエアを着ていることで内部がムレればさらに汗も吹き出す。こうなると、もはや雨に打たれて濡れるか、自分の汗と結露で濡れるか、というくらいレインウエアの内側が濡れてしまう。しかも、この“レインウエアのムレ”は服が濡れて不快というだけでなく、冷えによる体温低下の原因にもなり、やっかいな存在でもある。防水透湿素材は、そんな不快なムレを解消し、雨の日でも比較的快適に過ごすために生まれた素材なのだ。代表的なのはゴアテックスで、どれだけ防水性が高いか?という“耐水圧”と、どれだけ水蒸気を発散できるか?という“透湿性”の両方で高い性能を発揮する。

 

シェア

LINEで送る
Pocket