バイク相談室

真夏のウエア選びを教えて。メッシュジャケットは必要?

安全を考えると、真夏の炎天下でもライディングジャケットは着ておきたいよね。一番涼しいのはメッシュ素材などを活用した通気性のよいジャケットだろうけど、“着ない”方が涼しいと思っている人も少なくないハズ。そこで、真夏のライディングウエア選びのポイントを紹介するよ。

半袖よりメッシュジャケットの方が涼しい!?

真夏は半袖で走るのが一番涼しいと思っている人は少なくないと思う。でも、はっきり言うとそれは間違い。ある程度の時間、バイクに乗ることを考えると直射日光を遮ることのできない半袖はそこまで涼しくないし、そもそも全く快適ではない。

安全性はもちろん、直射日光や走行風など、さまざまなリスクに素肌を晒しながら走るよりはメッシュジャケットを着た方が実際はずっと快適。通気性をそのままに、転倒時のリスクや直射日光、走行風によるバタつきの3つに対策できてしまう。さらに、ツーリング先や時間帯によっては真夏であっても風が冷たく感じる場合も。そんなときも、着脱式のインナーが装備できるタイプのメッシュジャケットなら安心だよ。

また、3シーズンジャケットには各部にベンチレーションを設けていて夏場にも使えるものがあるけれど、実際に感じる涼しさは断然メッシュジャケットの方が上。真夏でも快適に過ごしたいならやっぱり、メッシュジャケットを選びたい。

アンダーウエアでさらに涼しく

いくらメッシュジャケットといえど、走っているときは問題なくても信号待ちなどで止まっていると暑さを感じるし、汗もかく。 そこで知っておきたいのがアンダーウエアの活用法。実はアンダーウエアの中には“吸湿速乾素材”と呼ばれる、特殊な素材を用いたものがある。さて、この吸湿速乾素材ってなんなのかというと、その名前のとおり“吸”い取った“汗”を繊維同士の毛細管現象で“速”効で拡散し“乾”燥させる素材のこと。しかも、この吸湿速乾素材を使用したアンダーウエアの効能は、汗の乾きが早いだけじゃなく、蒸散が早いから気化熱が発生しやすくて着心地はヒンヤリとして心地いい点にある。

吸湿速乾素材としては“クールマックス”が有名だけど、スポーツやアウトドアブランドなどから多種多様な製品が登場している。夏場を涼しく快適に過ごすには、ジャケットやパンツの内側に着るアンダーウエアを工夫してみよう!

吸湿速乾素材のアンダーウエアはバイク用品メーカーから発売されているほか、アウトドア用品メーカーなどからも多数ラインナップされている。Tシャツのほか、下着や靴下などにもこの吸湿速乾素材を使った製品がある

シェア

LINEで送る
Pocket