バイク相談室

安全なヘルメットはどれ?

いざというときに一番守らなければならないのが頭部。そして、その役割を担うのはバイクに乗るときに必ずかぶるヘルメット。いろんな種類があるバイク用のヘルメットだけど、どれが一番安全なんだろう。

安全性を教えてくれるマークがある?

ヘルメットを選ぶうえで真っ先に考えたいのは、何と言っても安全性。万が一事故に遭ってしまったときや転倒してしまったときなどに後悔しないためにも、安全性の確かなモノを着用したい。
ヘルメットの安全性については、SGやPSC、JIS、スネルといった規格が定められていて、その安全基準をパスしたものには規格認定のマークが付けられている。PSCは強制的に、SGは任意ながらほぼすべてのヘルメットで取得されているのでこれを基準に、JISやスネル、MFJ公認を取得しているヘルメットはより安全性が高いと考えられる。

事故を未然に防ぐための安全性という考え方

転倒時の防護力だけが安全性のすべてって思いがちだけれど、少し考え方を変えてみると他の“安全性”も見えてくる。
たとえば、顔全体が覆われているフルフェイスヘルメットは、“転倒した場合の衝撃に対する安全性が高い”といえる。その一方で開放感のあるジェットヘルメットは顔まわりがオープンで視界が広い分、“まわりの状況を把握しやすく、事故を回避しやすい”ということができる。この2つのヘルメットの違いは安全に対する考え方の違いにあって、どちらにもそれぞれの安全性があると考えられるよね。
ただ、防護力という観点からいえばフルフェイスヘルメットが一番。もしもの事態のときに頭部へのケガを少しでも減らしたいと思うのならフルフェイスヘルメットを選ぶのがオススメ。
ところで、視界の広さによる安全性の高さという観点からは、半キャップと呼ばれるお椀の形をしたヘルメット(法律上は125cc以下のバイクでは使用が認められている)も、ある意味安全と言えるのかなって思った人はいないよね? 構造上、頭頂部しかカバーされないうえに、フィット感に欠けるので事故時にはズレたり脱げたりしがちなので、転倒時の安全性を少しでも考えるならば使用は控えよう。

シェア

LINEで送る
Pocket