バイク相談室

革グローブは洗ってもいい?

 

確かに洗うことによっても革は確実に劣化するが、手に直接はめるグローブは皮脂や汚れが付着するため細菌が繁殖しやすく、それによる劣化もとても早いんです。ですので汚れたままにしておくよりは、洗った方がまだ劣化の進行を防ぐことができるといえます。製品によっては洗えないモデルもあるけれど、購入の際にはパッケージなどに”洗濯可能”などといった表記があるかどうかも確認しよう。また、雨天走行などで濡れてしまった場合も、劣化の進行はあまり変わらないため”どうせ濡れてしまったのだから…”と洗ってしまうのもいいだろう。

 

洗い方は、まずぬるま湯を用意し、手洗い、またはレザーソープ(石けんでも可)などを使って、軽く押し洗いします。次にしっかりとすすぎをして洗剤の成分を落とし、本当に軽く絞ります(心配ならタオルなどを押しつけて全体の水気を吸う程度でもOK)。最大のポイントとなるのは干し方。型くずれしないように、タグなどを洗濯バサミで留めて陰干ししますが、風船を膨らませるように息を吹き込むと指の形がしっかり作れます。また、生乾きの状態で一度手にはめ、グーパーを繰り返して自分の手の形に成型しておくと乾燥時のフィット感が向上します。

 

最後に乾いたら、軽くミンクオイルを塗布しましょう。ハンドクリームを塗るように手のひらで薄くのばしたら、なでつけるようにして全面に伸ばします。ベタベタとホコリや砂が付着するようなら塗りすぎです。

この記事を外部サービスで共有する

LINEで送る
Pocket