バイク相談室

林道デビューしてみたいけど、注意点は?

バイクに乗って冒険気分を楽しむためには、林道はうってつけの場所。いつか行ってみたいけど、ちょっと不安だな~という人は多いハズ。そんな人のために林道デビューの前に知っておきたいポイントを紹介するよ。

そもそも林道って?

林道というのは、そもそも林業や森林保全のために作られた道のことで、一般に開放されてはいるものの本来は作業用の道路。未舗装のダートが延々と続くと思いがちだけれど、最近は舗装林道がどんどん増えているから、オフロードバイクでなくてもフツーに走れる林道もたくさんある。林道デビューのための間口は広まっているといえるかもしれないけれど、ダートを走りたいと思っているライダーはちょっとさみしい思いをしているかも…。

こんな感じで舗装されている林道も今ではかなり多い。こういう場所であれば、オフロードバイクでなくても余裕を持って走ることができる。ただし、未舗装区間が入り混じっている場合や落ち葉orコケなどで滑りやすくなっている場合も多いので油断は禁物

いつも以上の備えをしていこう

オフロードバイクにオフロードヘルメット、モトクロスジャージ、全身プロテクターを装備しないと林道デビューはしちゃダメ!というわけではないけれど、転ぶ可能性は低くないので最低限ヒジ・ヒザのプロテクター、ブーツは用意しておきたい。普段使っているオンロード用のウエアでも十分だけれども、モトクロスジャージにプロテクター、オフロードブーツはという組み合わせはやはり安全性も高いし、汚れても洗いやすいなど使い勝手がいい。また、転倒のリスクという意味でバイクの工具&スペアパーツ(ブレーキ&クラッチレバー)なども持っておきたい。同様にケガに備えて救急セットも用意しておこう。

あと、林道に入る前にはガソリンを満タンにしておくのがオススメ。道に迷ったときや、転倒時にガソリンがこぼれてしまった場合など、少しでも多く入っていた方がガス欠のリスクを減らすことができる。

心がけたいこと

さて、装備も整えたし準備は万端と思っても、まだまだ覚えておきたいことはたくさんある。まずはいくら念入りに準備をしたからといって、なるべく一人では行かないようにすること。携帯がつながらない可能性も考えられるし、転んだ拍子でケガをしたりバイクが道路脇に落ちてしまったりしたことを想定すると2人以上で行動するのがベター。

また、交通量の少ない林道では開放感からついついスピードを出してしまいがち。しかし公道である以上、可能性は低いにしても歩行者や自転車、対向車がやって来ることはある。なので、オーバースピードや対向車を想定しないライン取り、脇見運転などはしないように。

自然災害や二輪・四輪の交通マナーの悪さなど、さまざまな理由で通行禁止になっている場合もある。そんなときでも、勝手にゲートを抜けて進入したりするのはやめよう
あまりに荒れたオフロードはさすがに無理だけれども、フラットダート程度ならばオンロードバイクでも走ることができる。けれど、ブレーキをかけたときの制動力はかなり落ちるので、スピードの出し過ぎは厳禁

シェア

LINEで送る
Pocket