落合恭子の免許取得物語

落合恭子の免許取得物語 Web版 教習6日目

教習6日目! 今日から2段階に突入です

いよいよ二輪免許が具体的に見えてきました。そんな大事な2段階初日。

さっそくキャンセル!!

ど…、どうしても見たい映画があったんです。この日のその時間しか上映してなくて、最後のチャンスだったんです。こんなわがままも許されてしまうIT-VIPコースは懐が深すぎるよ…。同じ日の20:00~の時間に空きがあるとのことなので、そこに予約を入れ直してもらいます。上映後でも十分間に合います。

2段階の最初の授業はシミュレーターなので、エスパドリーユに白パンツという攻めた格好でチャレンジ。実車だったら白パンツなんて絶対汚れちゃうし靴も許されなさそう。はたして受け入れてもらえるのでしょうか。ドキドキ…

kyoko_get_license_day06_01

無事映画も見れ、映画館が吉祥寺だったこともありだいぶ早く教習所に着いてしまいました。完全に日が落ちてから登校するの初めてだな~。

kyoko_get_license_day06_02

なんか変な気分。教習までバイク漫画でも読んでテンション上げるかと思い、初めて漫画コーナーをのぞいてみました。行ってみてビックリ。最近の漫画の充実っぷりがパナい! こういうところの漫画っていったら『美味しんぼ』とか『寄生獣』とか『ゴルゴ13』じゃないの?!
さすが武蔵境自動車教習所。ほかとはひと味もふた味も違います。追いつけず途中で止まってしまっていた『ちはやふる』を手にIT-VIPの専用待合室へ。さすがにこの時間だと待合室もガラガラなので、一人で遊ぶ落合。

kyoko_get_license_day06_03
kyoko_get_license_day06_04

 コーヒー片手にルマンド食べながら漫画を読む。
ここは天国か!

読み終わったころちょうどいい時間になりました。

自己流交通ルールなんてとんでもない

念のために持って来たくるぶしまで隠れる靴下に履き替え、ロールアップしてた裾も伸ばし、それでも足りたい丈は腰パンでカバー。肌は全部隠れてるし安全面も大丈夫でしょう。とんでもなくダサいけどね!

kyoko_get_license_day06_05

そうこうしてるうちにお迎えが来てくれました。とりあえず服装についてはノータッチ。ほっ。教官は前回と同じ高橋智弘インストラクター。

kyoko_get_license_day06_06

この日もマンツーマン授業です。贅沢~ぅ

乗車時プロテクターの上に赤いゼッケンを着用していたのですが,2段階になると赤から緑に変わるんですって。赤は交通ルールなんて無視しちゃいますから四輪が合わせてね!ってメッセージがあり、緑は一般の交通ルールを守って運転しますよってメッセージがあるらしい。2段階に入った次回の実車教習からは緑のゼッケンを着ることになるので、このシミュレーションの時間にいろいろ確認していきましょうということみたい。

免許取ってから時間も経ってることだし都合のいいように交通ルール変えてませんか?と聞かれちょっと思い返してみます。いや、大丈夫です。まったく身に覚えはない。無事故だし、真面目ドライバーを自負しております! そんなわたしのようすを不適な笑みで見つめる高橋教官。

な…、なにさ…。

公道を走るとき、クルマと同じようにバイクも走行位置はキープレフト。曲がるときは曲がる方向へ幅寄せしますよね。うん。大丈夫。全部ちゃんとわかってます。

ここで高橋教官からクイズです。
「その幅寄せ…、何メートル手前から寄らなくてはならないでしょう?」

ん~っと、15m? あ、10m! いや5mだ!!!!!

正解は最低でも30m手前から。

マジか。そんなか。
教習所内ってスピード出さないので距離感がちょっとアレですもんね。実際にはできてるハズなんですけどね。教習所アレだから…。ちなみに幅寄せの目安、右折時は中央線から50cm、左折時は縁石から1mらしいです。

さて再び高橋教官からクイズです。
「交差点通過時など徐行しますよね。徐行は時速何キロでしょう?」

これはわかります。30km/hでしょ。ん? 違うの?…、40km/hか!!

高橋教官も思わず失笑。正解は10km/h以下です。二輪はあまり遅いとバランスくずれてしまうので7~9km/hを目安にするといいらしい。

ヤバいな。思っていた以上に交通ルールがあいまいになっています。自覚したところで改めてひとつずつ教えていただきました。まず徐行するポイント。これは“まさこ”って覚えられるんですって!
ま:曲がり角
さ:坂(てっぺんから下り)
こ:交差点
まさこ。メッチャわかりやすい。

停止時の車間距離は前の車からバイク1台分空ける。これは逃げ道確保のためで、バイクは身体がむき出しなためこのように自分で安全を確保する工夫が求められるみたい。あとは曲がった後の合図消し忘れ。バイクはクルマのように勝手に合図が消えてくれることはないので、ほかのクルマの迷惑になる合図の消し忘れは本当にやりがち。確かによく見かけます。曲がって、まず合図消して、それから加速というクセ付けをしていきましょうとのこと。なんかそんなことしてたらマゴマゴしちゃって後続車に迷惑かけそうだけど、バイクは加速がいいので問題ないらしい。

まずはコースをしっかり覚えなきゃだね

2段階は8時間あるのですが、うちシミュレーターが3時間なんですって。また、最後の時間は見極めなので実車の授業は4回。その4回で試験でも走ることになる2つのコースを覚え、なおかつ交通ルールに沿った正しい走行を身に付けなければいけないわけで…

なんか2段階メッチャ求められてなあい? いうほど運転慣れてないけど大丈夫なのでしょうか。わたし。とにかく頑張るしかないですね! まず次回までにしっかりコースを覚えてくることから始めよう。

この日の授業は1番最後の枠だったこともあり武蔵境駅まで送迎車が出ていてとっても快適でした♪ そんな距離はないのですが、教官の運転を間近で見られるというだけでありがたい。駅のロータリーから颯爽と教習所に帰っていく姿がとってもカッコよかったです。

 

なんだか気分がよくなってきたので帰りに寄り道もしちゃいました。隣駅にある“宝華”というラーメン屋さんへ。

kyoko_get_license_day06_08

学生時代はよく食べに行ってたんですが、本当に久しぶり。お腹減りすぎて急いで行ったから、靴下履き替えるの忘れちゃった。

kyoko_get_license_day06_09

“宝ソバひという油そばが絶品で、武蔵境自動車教習所に決まったときから絶対行こうと決めてたんです。今日はキムチ入りにしたよ。

kyoko_get_license_day06_10

美味しかった~♡

夜遅い教習もなかなかねらい目なのかもしれない。

高橋インストラクターによる評価

kyoko_get_license_day05_03

この時間は、これから2段階がスタートするにあたり、運転シミュレータを使って法規走行を練習しました。落合さんは、説明をよく聞いていただけたので、交通ルールや所内コースと実際の道路の違いをすぐに理解されてました。曲がる前の合図や進路、速度など誰が見てもわかるような意思表示をすることが大切です。