トピックス

[東京モーターショー2017]ホンダがネオスポーツカフェコンセプトを世界初披露! 市販モデルは11月6日に発表か!?

 

東京モーターショー2017で世界初披露されるコンセプトモデル“ネオスポーツカフェコンセプト”。いかにもショー用のモデルに見えてしまう奇抜なスタイリングのため、市販モデルとは縁遠いのではないかと判断してしまうけれど、それは間違い。

 

今回はコンセプトモデルのみの発表でしたが、ティザー動画を見る限りどうやら市販モデルは2017年11月6日にミラノショーにて発表されるよう。

『スポーツバイクとともにすごしてきた長い経験を持つ大人のライダーに向けた、次世代ネイキッドスポーツ』と銘打ち、スーパースポーツさながらのパッケージングと、レトロテイストなデザインを組み合わせた“ネオスポーツカフェコンセプト”。片持ちスイングアームが目を引く足まわりは倒立フォークにラジアルマウントキャリパーを採用。前後タイヤサイズはフロント120/70-17・リヤ190/55-17(ダンロップ製スポーツマックスD214)となっています。

 

スタイリング面でも、CB1100シリーズに用いられているフランジレスタンクを採用するとともに、削り出しパーツを多用することで上質さを追求。タンクやサイドカバー、ホイールなど、各部にはあえて研磨痕を残すことで金属の質感を活かすヘアライン仕上げがほどこされているのもポイント。

CB1000Rベースの本格ネイキッドスポーツ?

巷では、CBR650ベースのエンジンが搭載されているのでは? などという情報も見られましたが、エンジンをよく観察してみるとCB1000Rとの共通点が多いことが見て取れます。CB1000Rはイタリアホンダにより企画されたモデルで、CBR1000RR用をベースとしたエンジンを搭載するストリートファイター。片持ちスイングアームやショートテール、異形ヘッドライトなど、アグレッシブなスタイリングが特徴のモデルですが、そうしたCB1000Rのアピールポイントを残しつつ今回発表されたネオスポーツカフェコンセプトにはレトロテイストが盛り込まれています。

シェア

LINEで送る
Pocket