トピックス

[東京モーターショー2017]HONDAブース レポート!出品される二輪車を一挙に紹介

いよいよ開催される東京モーターショー2017。ホンダは計27台もの二輪車を展示し、二輪車の魅力をアピールします。

事前に東京モーターショー2017への出品概要が発表されていたホンダだけれど、ビジュアルが公開されていないものもいくつかあったから、ここではプレスデーにてホンダブースに展示されていたバイクたちを一挙に紹介しちゃいます。

東京モーターショー2017は、10月27日(金)~11月5日(日)まで開催されているので気になるバイクを見つけた人はぜひ、東京ビッグサイトまで足を運んでみてください。

コンセプトモデル

Honda Riding Assist-e 

ホンダが東京モーターショー2017で初披露した電動の自動バランスバイク・Honda Riding Assist-e。デモンストレーションの様子は上の動画にてチェックしてみてね。やっぱり、実際に“倒れないバイク”を目の当たりにするとビックリ!

スーパーカブ110 1億台記念車

まずはスーパーカブ累計生産台数1億台突破&2018年の生誕60周年を記念して製作されたスーパーカブ 110 1億台記念車をご紹介。特徴は…、おめでたさが一目で伝わってくるゴールドのカラーリング。サイドカバーやフロントには生誕60周年記念のエンブレムがあしらわれています。

スーパーカブ C125

スーパーカブ C125 の詳細は別記事でチェックしてね。

モンキー125

モンキー125の詳細は別記事でチェックしてね。

ネオスポーツカフェコンセプト

ネオスポーツカフェコンセプトの詳細は別記事でチェックしてね。

市販予定モデル

スーパーカブ50/110

2018年 スーパーカブ110

スーパーカブ50/110の詳細は別記事でチェックしてね。

クロスカブ110

市販予定モデルとして展示されるクロスカブ110。簡単に違いを説明すると、新型のスーパーカブがベースになって、タンデムステーが新設され2人乗りができるようになりました。レッグシールドがなくなり、LEDヘッドライト&サイドカバーなどが新たに採用されています。実際に前モデルと見比べてみると、よりアドベンチャー感が増したのが分かるんじゃないかな。

PCX ハイブリッド/PCX エレクトリック

東京モーターショー2017で世界初披露されたPCXのハイブリッドと電動モデル。電動モデルのPCXエレクトリックはスムーズな加速感と通勤路の往復+α程度の航続距離をねらって開発されているとのことです。

PCXハイブリッドは、エンジンの補助としてモーターを使用するマイルドハイブリッドと呼ばれる形式を採用していて、発進時の加速や中間加速性能の強化を意識した味付けになっているとのことです。排気量がアップしたかのようなクラスオーバーの走りが楽しめるかも!?

2018年中の発売を目指して開発が進められているというから、その登場が楽しみ♪

CRF250 ラリー

市販予定車としてCRF250ラリーの新色も展示されていました。シルバーとブラックを基調とした落ち着いた印象のカラーリングでした。おそらく、2018年モデルの新色として発売されるのかな?

ゴールドウイング/ツアー

新型のゴールドウイングの詳細は別記事でチェックしてね。

CB400SF&SB/CB1300SF&SB

2018年 CB400SF

新型のCB400SF&SB/CB1300SF&SBの詳細は別記事でチェックしてね。

カスタマイズコンセプトモデルたち

CB1100RS/CBR250RR/レブル250のカスタマイズコンセプトモデルも展示。どのモデルもオリジナルカラーに社外マフラーなどを装着して、スタンダードモデルとは一味違ったスタイリングをアピール。

スーパーカブ大集合

歴代のヒストリーカブとニューモデル、そしてコンセプトモデルも展示され、まさにホンダブースはカブ尽くしといった感じ。スーパーカブファンにはたまらない展示内容になっていましたよ。

レーシングマシン

ホンダブース内にはレーシングマシンも展示。単に車両を展示するだけではなく、マネキンを使ってレースの雰囲気を再現。さらに、MotoGPマシンにまたがって記念撮影をできるコーナーも用意されていたよ。

シェア

LINEで送る
Pocket