トピックス

鈴鹿8耐で速攻完売の“バイク弁当”が、全日本ロードレース最終戦で数量限定販売!

 

鈴鹿8耐で販売され、即日完売した“幻”(?)のバイク弁当“バイク乗りのための、のり弁当”が、11月4日(土)~5日(日)に鈴鹿サーキットで開催される“全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦”にて復活します!

 

秩父・大滝食堂のバイク弁当は、ガソリンタンク型の弁当箱が持ち帰れることもあって関東圏のグルメスポットとしてライダーに大人気です。そんな大滝食堂とコラボしたスペシャルな“バイク弁当”。弁当箱は鈴鹿サーキット国際レーシングコースがプリントされたスペシャルバージョンで、もちろん持ち帰りOK。そして中身は同じくコースがプリントされたのりをはじめ、独自のメニューとなっています。

 

★バイクのり弁当詳細★

販売日時:11月4日(土)・5日(日) 各日7時30分~

販売場所:グランドスタンド下 Vスタオフィシャルショップ前

販売価格:1,500円

販売数:11月4日(土) 80食

    11月5日(日) 220食

 

全日本ロードレース選手権の最高峰JSB1000クラスは、津田拓也選手(スズキ)、高橋巧選手(Honda)、渡辺一馬選手(カワサキ)をはじめ6人の選手がチャンピオン争いを展開中。最終戦は、それぞれ初のシリーズチャンピオンをかけたレースとなります。また、本大会においてはJSB1000クラスは2レース制となり、両レースを制すると、ボーナスポイントも加え最大56ポイントが獲得できることから、年間チャンピオンをかけた最後まで見逃せないレースに期待大!

 

レースの詳細はコチラを参考にしてね。

シェア

LINEで送る
Pocket