バイク相談室

身体が小さい女の子はどんなバイクを選べばいいの?

身体が小さいからってバイクをあきらめたり、乗りたいバイクに乗れない人って意外と多いと聞く。だけどちょっと待って、あきらめる前にできることはあるはず。

乗りたい車両がまだ決まっていないなら

初心者や自信のない人は足着き性のいいバイクを選ぶ方法がある。バイクのカタログには“スペック”といって車両の数値がまとめてある表が載っているはず。その中にあるシート高乾燥重量を目安にして。シート高とは地上からシートの一番低いところの距離。シート高が低いほど、足が着きやすい傾向にある。取りまわしも車重の軽い方がしやすい。

 

ただし、シート高も取りまわしも一概にカタログ数値のものがベストとは言い切れない。それはシート高が低くても横幅が広いため足着きはつらいなど、バイクのジャンルや車種によって違いが出てくるから。あくまでもスペックは乗りたいバイクを探すための参考程度に。乗りたいバイクの目星を付けたら、ショップに行って実際にまたがってみるのがベスト。店員さんのアドバイスも聞けるしね。

車高を下げることもできるんです

写真左は、ノーマルのもの。右は「アンコ抜き」と「ローダウンキット」が組まれたもの。足着き性がアップしているのがよくわかる

 

車高の低いバイクを選んでもやっぱり不安なもの。乗りたいバイクが決まっているのなら、車高を下げる方法もある。簡単にすますならリヤのサスペンションをやわらかくしてみる。するとサスペンションが沈み込みやすくなるので足着き性が上がる。

 

次にシートの中のウレタンを削る「アンコ抜き」。これはシートをスリムにしたり、肉厚を薄くしたりするもの。また「ローダウンキット」はリンクと呼ばれるパーツのロッドを長くして、リヤサスペンションの位置を変えて車高を下げる。「アンコ抜き」と「ローダウンキット」で、車両によっては最大で70mmほどシート高を下げることもできるという。また車高調整機能の付いたリヤショックに変えるなどの方法もある。

 

こうした方法を試してみることであこがれのバイクに乗れる可能性も高まるのでは。乗りたい車両に対応しているものがあるかバイクショックやパーツショップに確認してみよう。

 

シェア

LINEで送る
Pocket