バイク相談室

エンジンの熱で太ももが熱い!対策を教えて

真夏のライダー。外から見ると涼しくて気持ちよさそうなのに、乗っている当人はものすごく暑い。

そのうえ車種によってはニーグリップをすると、熱々のタンクやフレームが太ももに当たりヤケドをしてしまうことも…。

そんな悩みを解決する方法をお教えします。

 

 

真夏にバイクに乗っていると、タンクやフレームの熱さで内ももをヤケドするという経験をしたことがある人は少なからずいるハズ。

 

エンジンの発熱量が多い大型バイクや、熱伝導率の高いアルミフレームでできているスーパースポーツ系のバイクの人にとくにそういった悩みを持っている人が多いんじゃないかな?

 

フレームカバーやタンクパッドを付けてみる

 

一番簡単で手っ取り早い解決方法はカーボンやFRPでできたフレームカバーを付けてしまうこと。

 

こうしたアイテムを使って足と金属部分が直接触れないようにすることで、フレームの熱さからは解放される。

だけど、限られた車種に向けてしかこういったアイテムは販売されていないので、自分の愛車に合うフレームカバーが見つからない場合には諦めるか、ワンオフで作るしかない…。

 

同じようにタンクの熱さが気になるという人はタンクパッドやカバーを付けることで、熱さを緩和することができる。

 

レザーパンツを履いてみる

 

ライダー側からできる対策として一番簡単なのはレザーパンツを履くこと。

革の厚さなどにもよるけれど、ジーンズや普通のライディングパンツとは比べ物にならないほど、内ももの熱さを軽減してくれる。

 

真夏にレザーパンツなんて考えられないという人は下に吸湿速乾素材のアンダーウエアを履いてみたり、パンチングタイプのレザーパンツを履いてみたり、ジーンズの上に履いて簡単に着脱ができるチャップスを使ってみたりという選択肢もアリ。

 

また、ライディング用のパンツの中にはナイロン素材であっても、内もも部分に滑り止めや熱対策用のパッドが付けられているモノもあるので、そういった製品を探してみるのもいいかも。

 

シェア

LINEで送る
Pocket