バイク相談室

電熱ウエアって何?

 

バイク乗りにはもっともつらい季節、冬。寒さをこらえて走るつらさはライダーにしかわからないもの。寒い日は乗らないというライダーももしかしたら多いかもしれない。

 

そこで、ここではそんな寒さを吹き飛ばすための防寒グッズとして、最近多くのメーカーから発売され注目を集めている電熱ウエアを紹介したい。電熱ウエアとは、その名のとおり電気の力で発熱するウエアのこと。その源はバイクのバッテリーが主だが、中には携帯電話より一回り大きいくらいのバッテリーを持ち歩くタイプもある。どちらのタイプも電気毛布をウエアにしたようなイメージ。

 

バイクのバッテリーから電源を取る場合は、乗り降りの際の脱着がやや面倒なものの、バイクにはもともと発電する機能が装備されているからバッテリーを充電する必要がない。また、携帯バッテリーを持ち歩くタイプは充電の手間はあるけれど、バイクから降りてもバッテリーが残っている間は温かさを保てるという特徴がある。

 

どちらも電気で直接的に温めるので、その防寒効果は通常のウエアとは比較にならない。その分、着込まなくても済むので、寒いからといってモコモコのぬいぐるみのような格好をしなくてもよいという利点がある。

 

タイプや形状はさまざまで、ベストやジャケットのような上半身に羽織るもの、パンツのような下半身に履くもの、他にもグローブやソックスのほか、ネックウォーマーのような形状のものもある。どのタイプも、アンダーウエアの上に身につけ、その上にフリースやジャケットなどのウエアを着込んでいくと温かさをより体に感じやすく、また外気に熱を逃がしにくい。

 

これからの季節、電熱ウエアで寒さを吹き飛ばして、あえてバイクでお出かけしてみてはいかがだろうか。

シェア

LINEで送る
Pocket