イベントレポート

ニューアコースティックキャンプ2017 レポート

 

“ニューアコースティックキャンプ2017”が9月16日(土)~17日(日)に開催されました。

事前に告知していたとおり、レディスバイクの姉妹誌である『タンデムスタイル』のお願いによって、新たにバイクエリアが新設されたニューアコ。

 

今年から新たに始まったこの取り組み、その実際のようすをレポートします!

 

まず、ニューアコースティックキャンプって何なの?

 

 

ニューアコースティックキャンプとは今年で第8回めを迎えた音楽フェス。

“わらう、うたう、たべる、ねっころがる”を合言葉に、キャンプを楽しみながらアコースティックサウンドを楽しむイベントです。

 

“フェス”というと、若者がバカ騒ぎをするものというイメージがあるかもしれないけれど、ニューアコースティックキャンプはそういった意味でのフェスとはひと味違います。

芝生の上でのんびり、ゆっくり食べ物やお酒を楽しみながら、自分のペースで気ラクに音楽を楽しみ、夜はキャンプを楽しむというゆったりした音楽フェスなんです。

 

 

 

 

バイクエリアのようす

 

 

従来はクルマのみが会場内のキャンプサイトに乗り入れることができ、荷物を会場からキャンプサイトまで運ぶことなくテントを張ることができました。

せっかくバイクで来場しても駐車場からテントサイトまで荷物を運ぶ必要があったのですが、今年はバイクでテントサイトまで乗り入れOKに! 実際、バイクエリアを活用したライダーからは「非常に便利で助かった」「今までよりもラク」という声を聞くことができました。

 

また、主催者側の配慮によりバイクエリアはとてもフラットな場所に設けられました。もともとゴルフ場であるためオートキャンプ用のサイトは基本的に斜面が多く、フラットな場所にテントを張れるのは限られた人たちのみ。

その点、バイクエリアであれば利用者全員が平らな場所にテントを張ることができたんです。そのうえ、池をはさんで向こう側にはステージがあり、流れてくる音楽をキャンプサイトからも楽しめました。

 

予報では台風直撃ということもあって、予約数よりも実際にバイクでキャンプをしていた人は少なくなってしまったものの、その便利さは折り紙付き。

愛車の横にテントを張り、ニューアコを満喫してくれたことでしょう。

 

 

さらにバイクも展示

 

 

バイクエリアにはホンダ、ヤマハ、スズキ、ドゥカティの4メーカーの車両も展示。

いずれも、バイクでのキャンプツーリングをイメージしやすいようにテントもセットでアピールしました。

 

バイクに興味を持ったことのない人も、気軽に車両に触れたりまたがったりして記念撮影をして楽しんでくれていたようす。

さらに、展示車のカタログ配布やタンスタ誌面のキャンプ特集号の立ち読みコーナーなども用意し、バイクキャンプの魅力をアピールしました。

 

また、トラッパーというバランスを取って遊ぶおもちゃ(本来はトライアル選手などがトレーニングに用いるもの)も用意。

コチラはお子さんやバイクに乗らない人からも大好評で、みな思い思いに熱中していましたよ。

 

 

会場のようす

 

 

会場内では4つのエリアでそれぞれ並行して開催されるライブはもちろんのこと、アウトドアブランドをはじめとした各種メーカーによるブース出展やさまざまなアクティビティ体験など、老若男女問わず楽しめるコンテンツが盛りだくさん。

飲食ブースも充実しているので、会場内をブラブラしながら飲み食いを楽しみ、音楽に耳を傾けるという楽しみ方もできました。

 

ニューアコの名物ともいえるフォークダンスは今年も開催。

雨天中止となっていたものの、天候は持ちこたえ無事スタートできました。みんな手を取り合い、弾ける笑顔で元気にフォークダンスを踊っていたのが印象的。

 

そして、日曜日の朝にはラジオ体操と太極拳で体をほぐし、恒例のビッグスロー。“ビッグスロー”とは、フリスビーを一斉に空に投げ、お互いのフリスビーを届け合うというもので、コチラも見ず知らずの人とも話を楽しめるキッカケとなる催しになっています。

 

また、今年からの新たな取り組みとして前夜祭も開催。比較的、歴史の浅いフェスだけに毎年進化を続けているニューアコ。

来年以降もバイクエリアの試みが続けられることを願いつつ、ぜひ来年はニューアコースティックキャンプ2018で会いましょう!

 

シェア

LINEで送る
Pocket