トピックス

TRIUMPH ニューモデル発表会レポート♪新型TIGER1200/800やBONNEVILLE SpeedMasterの発売時期や価格などが明らかに

 

トライアンフのニューモデル発表会が、2018年2月10日に開催されました。

注目は海外のモーターショーなどで発表されていたニューモデルたちの国内導入に関するアナウンス。

 

フルモデルチェンジを受けたアドベンチャーモデル・タイガー800/1200をはじめ、ボンネビルシリーズに新登場したボンネビル スピードマスターなどを中心とした注目のニューモデルの詳細や販売時期が明らかになりました。

 

フルモデルチェンジを受け、大幅な進化を遂げたTIGER800/1200

 

オンロード&オフロード双方の性能を追求して、エンジン&シャシーやデザインなど、あらゆるパートに手が加えられたタイガー800/1200。タイガー1200では従来モデル比で最大10kgの軽量化を実現したというと、その進化の具合が分かるのではないでしょうか。

 

 

LEDヘッドライトを新採用したインパクトあるフロントフェイスが目を引きますが、性能面でもさまざまな進化を遂げています。5インチのカラー液晶やキーレスイグニッション、電動調整式のスクリーン、グリップ&シートヒーター、Arrow製サイレンサーなどを標準装備。

 

 

コンチネンタル製の慣性計測ユニット(IMU)を新採用することによって、コーナリングABS&トラクションコントロールシステムに対応。より緻密な電子制御が可能となりました。

 

 

タイガー800ではオンロード志向のXR(受注生産)とローダウンモデルのXRX、オプションパーツを多数標準装備した最上級グレードのXRT、オフロード志向のローダウンモデル・XCX、最上級グレードのXCAの計5モデルを国内向けにラインナップ。販売価格は143万円からです。

 

タイガー1200ではオンロード志向のXR(受注生産)、最上級グレードのXRT、オフロード志向の最上級グレード・XCAの3モデルをラインナップ。販売価格は222万7,500円からです。

両モデルともに2018年3月10日からデビューフェアが開始される予定となっています。

 

ゲストとして柏秀樹さんと風間晋之介さんが登場。タイガーの魅力を語ってくれました

 

ブリティッシュスタイルのカスタマイズモデル・BONNEVILLE SpeedMaster

 

1,200ccの水冷並列2気筒エンジン(270°クランク)を搭載するボンネビルシリーズに新登場したボンネビル スピードマスター。

 

ボンネビル スピードマスター

 

ボンネビル ボバー譲りのロー&ロングなスタイリングに、クラシカルなデザインやゆったりとしたライディングポジションを組み合わせたモデルです。

12ℓの容量を確保した燃料タンクや簡単に付け替え可能なタンデムシートなどを採用し、日常での使い勝手にも配慮されているのがポイント。

 

6T サンダーバード

 

デザインのイメージソースは1949年に登場した6T サンダーバードというモデルで、ナセル(航空機用エンジンのカバー)形状のヘッドライトやフロントフェンダー、テールまわりなどからその面影が見て取れます。

 

2018年4月7日からデビューフェアが開始予定で、価格は170万5,000円からです。

 

BONNEVILLE Bobber Blackも新たに登場

 

ロー&ロングなスタイリングが特徴のボンネビル ボバーには各部をブラックアウトしたボバーブラックが新登場です。

 

マフラーやペダル&レバー類をはじめ、エンジンカバーやヘッドライトリムなど、徹底的に黒にこだわって仕上げられています。

また、外観面だけでなく機能面もスタンダードモデルから変更されていて、ブレンボ製の2ポットキャリパー&φ310mmダブルディスクや、ショーワ製のインナーチューブ径φ47mm 正立フロントフォーク、フロント16インチホイール(スタンダードモデルは19インチ)などを標準装備しています。このパッケージングはスピードマスターと同様のモノ。

 

カラーリングは通常のブラックとマットブラックの2色展開。販売価格はスタンダードのボバー比で12万円高の170万5,000円からです。

 

 

さらに、オフロード遊びの新たな可能性を提案するということでトライアンフが新たに取り扱いをはじめたマウンテンバイク・トライアンフXCXマウンテンバイクも展示。ステム部分やフレームなどにTRIUMPHのロゴが誇らしげにあしらわれていました。

 

TRIUMPH 公式サイト

シェア

LINEで送る
Pocket