トピックス

イタリアンスクーター・ランブレッタに触れられるサインハウス・ショールームが田園調布にオープン♪

 

サイン・ハウスが新たに取り扱いを始めたイタリアンスクーターブランド・ランブレッタ

 

 

そのランブレッタの実車やサイン・ハウスが取り扱いを行なうインカム・B+COMや、LED RIBBON、マウントシステムなどのアイテムを展示するサインハウス・ショールームが3月30日(金)よりオープンします。

 

 

東京都大田区の田園調布に店舗を構えるこのショールームは、ランブレッタの展示・販売、修理の受付だけではなく、B+COMの展示・体感、販売に加え、オリジナルアイテムの販売なども行なっていく予定とのことです。

 

ランブレッタの車両に興味を持った人は気軽にショールームに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

ランブレッタってどんなブランド?

クリックすると全方位見られます

 

ランブレッタはイタリアンスクーターの代名詞ともいえるブランドで、かつてはベスパとライバル関係にあったほどの人気ブランドです。

そのランブレッタが、イノチェンティ社とオーストリアの四輪バギーや二輪車などの生産を行なうKSRグループとの協力により復活しました。

 

 

まず注目したいのは、面と線を巧みに組み合わせたそのスタイリング。クラシカルながら洗練された印象も受ける上品な仕上がりです。

 

 

排気量は50cc・125cc・200ccの3種類をラインナップ。

スチール製のモノコックボディに、前後12インチホイールを組み合わせたシャシーは基本的に全排気量で共通で、シート高は770mm、タンク容量は約6ℓとなっています。

 

 

灯火類はオールLEDを採用。さらに、フルフェイスも収納可能なシート下トランクスペースやラゲッジフック、USBアウトレット、グローブボックスなど、スクーターらしく日常での使い勝手にもキチンと配慮されています。

 

COLOR LINEUP

 

カラーラインナップは全8色をラインナップしていて、排気量とフェンダータイプによりラインナップが異なります。

フェンダータイプはフロントフェンダーは固定されタイヤだけが動くFix Fenderと、タイヤとフロントフェンダーが一緒に動くFlex Fenderの2種類が用意されています。

 

 

V50 Special

Fix Fender:マットグレー・オレンジ

Flex Fender:レッド・ブルー・ホワイト・ブラック

価格:38万円(税込)

V125 Special

Fix Fender:マットグレー・オレンジ

Flex Fender:レッド・ブルー・ホワイト・ブラック・ブラウン

価格:40万円(税込)

V200 Special

Fix Fender:オレンジ・シルバーブルー

Flex Fender:ブルー・ホワイト・ブラック・ブラウン

価格:45万円(税込)

 

ちなみに、オン・デマンドの販売方法を取るランブレッタは日本全国のバイクショップで購入が可能です。

バイクショップを通して、サイン・ハウスに車両を注文、その後車両を店舗へ移送し納車という流れとなります。

車両価格は上で紹介したように日本全国ドコで購入しても一括の設定となっており、別途運賃2万5,000円(北海道・九州・沖縄は4万円)がプラスされるという仕組みです。

 

ステッカーがもらえるSNSキャンペーンも実施中

 

また、ステッカーがもらえるSNSキャンペーンも東京モーターサイクルショーから継続して実施中です。

サインハウス・ショールームに足を運び、タグ付けしてSNS(インスタグラム・ツイッター・フェイスブック)に投稿するだけで、オリジナルステッカーをゲットできます。

ランブレッタのオフィシャルSNSをフォローもしくはいいねするだけでもOKです。

 

LAMBRETTA 公式サイト

シェア

LINEで送る
Pocket