バイク相談室

タイヤの交換時期を教えて

地面と接触している唯一のパーツ

タイヤはバイクの性能に直結するパーツのひとつで、走行距離に応じて確実に減っていくパーツだ。交換時期を過ぎたタイヤでは、バイクの性能を十分に路面に伝えることができないだけでなく、滑りやすい状態になり、非常に危険なので注意が必要だ。

スリップサインで確認

タイヤの側面を円周に沿って見ていくと、写真と同じような三角形のマークが数カ所あるはず。このマークをたどって接地面を見ていくとスリップサインを見つけることができる

左手で示しているのが三角マーク、右手で示しているのがスリップサイン。ミゾが浅くなっているのがわかるだろうか。接地面がすり減ってスリップサインに達したら交換時期

 

タイヤの寿命は、乗り方や車種、保管状況などに大きく影響を受けるので、交換の時期を一概に言うことはできない。しかし、スリップサインという交換時期を知らせてくれる部分があるので、これをチェックすることで交換時期を知ることができる。タイヤの側面をよ〜く見ていくと、いくつかの△印があるはず。スリップサインはこの場所にある。△印をたどって接地面を見ていくと、タイヤのミゾの内部に、一ヶ所だけミゾの内部が盛り上がって、浅くなっている部分ある。ここがスリップサインだ。タイヤの接地面がすり減って、スリップサインに到達していたら交換時期と判断しよう。

 

すり減っていなくても交換

この写真のタイヤのミゾの中にヒビが入っているのがわかるだろうか。これはかなりひどい状態だが、ミゾの中に限らず、長年の経年劣化によってヒビが確認されたら交換時期

長期間にわたって放置していた車両などに見られる“タイヤの劣化”にも注意が必要。タイヤ表面が白っぽくなって、タイヤの側面やミゾの内部などにヒビ割れなどが見られるような状態になっていたら、タイヤが劣化している状態なので十分な性能を発揮できなくなっている。まだすり減っていないとしても交換しよう。

 

シェア

LINEで送る
Pocket