バイク相談室

ツーリングスポットってどうやって決めるの?

一つのテーマを決めて日本全国を走りまわる旅もおもしろい

 

漠然とツーリングに行ってみたいと思っていても、具体的にどこへ行けばいいのかわからず、旅への一歩を踏み出せなくなっていない? スポットを選ぶ手段は一つじゃないし、興味がある場所だって人それぞれだから、正しい決め方なんて実はないハズ。だからここでは具体的に例を挙げてツーリングスポットの選び方をご紹介しちゃいます。いろんな場所に想いをはせて、旅立たずにいられなくなったら、あなたも立派なツーリングライダーの仲間入り!

 

 

<まずはここから>

車で行ったことがあるスポットへ行く

一人で初めての道をバイクで走るのは不安だよね。そんなときは車で行ったことがあるスポットを選ぶのがオススメ。たとえば“おじいちゃんの家”や“子供のころに住んでいた街”など、かつての経験から通る道順やだいたいの所要時間がわかるだけでもかなり心強い。

 

それに車ではできない体験がたくさん待っているのもバイクのだいごみ。駐車場で偶然となりに並んだライダーに「どこから来たの?」と話しかけられて、オススメの店を教えてもらったり、お互いの愛車についてバイク談義に花が咲く、なんてこともあったり。日常生活で接する機会が少ないお父さん世代の人とも“バイク”の共通点があることで、驚くほど話が盛り上がることもあるんだから! 地元の人から「バイクで来たの? 寒いでしょ!」とホッカイロをもらったり、そんな人のやさしさに触れられるのもバイクの旅だからできること。そんな魅力がたくさん詰まっているんだな!

情報を活用

たくさんの情報源をじょうずに活用してスポットを探し出そう。旅情報誌やバイク雑誌、昭文社の『ツーリングマップル』などの地図、インターネットやテレビには、全国に広がるたくさんの情報があふれている。それをチェックしておけば、行きたいスポットのレパートリーが増える。日ごろからチェックしたことをメモ帳に付けておくなど、行きたいスポットリストを作っておくのも有効な方法。

○○○めぐり

一つのテーマを決めて日本全国を走りまわる旅もおもしろい。たとえば灯台や温泉、岬など、バイク乗りがよく好むスポットでもいいし、カフェや動物園、美術館だってアリ! とにかく自分の興味がある場所を選ぶことが重要!

 

走りが楽しめる道で選ぶ

走ることがとにかく好きなら、走ってみたい道からスポットを決めてもいい。峠などのクネクネ道や、まっすぐな道。海沿いの道、きれいな景色が楽しめる道など、どんな道が続いているのか想像するのも旅へ出る前の楽しみ。昭文社の『ツーリングマップル』など、一部の地図には、どんな道路かの情報が載っていたり、道の形状から、どんな道か判断することもできるので参考にしよう。

 

 

<こんな旅の仕方もある>

行き当たりばったり

具体的な目的地を決めずに旅立つのももちろんアリ。「なんとなくこっちかな」というインスピレーションを頼りにどんどん走っていって、気になったところにはとにかく寄ってみる。どんなスポットがあるか事前に情報がないのは旅慣れないと不安だけど、予想外の発見やきれいな景色に出会ったときの感動はひとしお。しっかり計画したツーリングより、思い出に残ったりするんだよね。

開いたページへ行ってみる

もっと冒険気分を味わいたいのなら、目をつぶって開いたページの地図に指を指したところへ行ってみるなんてどう? その旅で何が起こるのかわからないドキドキ感を楽しめるし、指を指した目的地へ到着したときの達成感だって味わえる。準備万端で出かける旅とは違い、ハプニングも起こるけれど、それさえ楽しめるようになったら、あなたもベテランツーリングライダーの仲間入り!

 

 

こんなふうにいろいろな方法でみんなツーリングスポットを決めているんだよね。1ヶ所でも興味がある場所を見つけたら、それがあなたの旅立ちのとき! 勇気を出して走り出そう。そうすれば、ソロツーリングだって楽しめちゃうベテラン旅ライダーへの入り口はすぐそこ!

シェア

LINEで送る
Pocket