イベントカレンダー

第42回東京モーターショー2011:東京ビッグサイト

このイベントは約5年前に終了しています

世界12ヶ国・1地域から合計176の出展者(ブランド数、展示面積35,151m2)が参加。10ヶ国・1地域から129の出展者(ブランド数、展示面積21,823 m2)が参加した前回ショー(09年)を大幅に上回り、出展者数(ブランド数)では36%増、展示面積では61%増となる。
すべての国内メーカー14社・15 ブランドが出展し、海外からは前回ショーの9社・9ブランドから大幅に増加し、欧州を中心に20社・24ブランド(乗用・商用・二輪・カロッツェリア)が参加する。
アジアでは、中国やインドなどで急速に自動車市場が拡大するなか、北京や上海、ニューデリーなどのモーターショーへの関心も急速に高まっている。こうした中で、東京モーターショーは「技術立国・日本」の象徴として、世界一のテクノロジー・モーターショーを目指し、クルマ、都市、人々の暮らしに結びつく先端技術の発信をしていく。
今回、新たに主催者テーマ事業として、”SMART MOBILITY CITY 2011″を東京モーターショーの会場内で開催する。地球環境及びエネルギー問題への関心が高まるなか、今後も自動車産業がその役割を果たし続けるために、「次世代自動車とそれを取り巻く社会システム」を提示する。
今回のショーテーマは、「世界はクルマで変えられる。」”Mobility can change the world.”とした。クルマは、移動手段だけでなく、環境、安全、エネルギーなど世界の様々な問題の「解決手段」となりつつある。クルマ社会の未来を、明るく、大胆に、世界に向けて発信していくという強いメッセージを込めた。この他、ステージイベントや子どもがクルマと触れ合えるブースなども用意されている。

シェア

LINEで送る
Pocket