バイク相談室

革製品の保管方法・場所のポイントが知りたい

ライダーといえば革製品というイメージを持っている人も少なくないと思うけど、みんなはちゃんと革製品の正しい保管方法を知っているかな? よくわからないという人のために簡単に説明するよ。

大切なあまり、しまい込まないように

比較的価格の高い革製品。せっかく大金をはたいて買ったのだから長く大切に使いたいもの。でも大切だからといってクローゼットやタンスの奥にしまい込んだりするのは実はよくない。長期間クローゼットやタンスの奥にしまっておいたりすると、汗や汚れを栄養にカビが生えたり、細菌が繁殖して素材を劣化させてしまう。最適なのは、室内の風とおしのよい場所に、カタチがくずれないように幅広ハンガーなどにかけておくこと。また注意したいのが、革を硬化させてしまう直射日光を避けること。これで革製品の保管はOK。グローブや靴など、その他の革製品の保管に関しても同じだよ。

メンテナンスのし過ぎもNG

あと注意したいのは、メンテナンスのし過ぎもよくないということ。お気に入りの革製品の劣化を防ごうとミンクオイルなどを塗りすぎて、常に表面がベタベタしているような状態になっているようでは本末転倒。表面にゴミが付着しやすくなってしまうし、余分な油を栄養としてカビが繁殖しやすくなるよ。

シェア

LINEで送る
Pocket