イベントレポート

今年もたくさんの女性ライダーが遊びに来てくれました♪レディスサポートスクエア2018 レポート

 

2018年3月23日(金)~25日(日)に、東京ビッグサイトで行なわれた第45回 東京モーターサイクルショー。

来場者は前年比UPの14万6,823人! 好天に恵まれた3日間で、たくさんの女性たちが“レディスサポートスクエア”に遊びに来てくれました♪ 

ここでは、そのレポートをたっぷりお届けします❤

 

 

2006年に初出展して以来、毎年新たな試みにチャレンジしてきたレディスサポートスクエア(以下、LSS)。レディスバイク編集部がプロデュースする空間には、女性ライダーに向けたさまざまな“仕掛け”が。

 

 

たとえば毎年恒例となっている、車両展示。

今年はスズキ・SV650 ABS、ホンダ・レブル250&CBR250RR、ヤマハ・ボルト、ドゥカティ・モンスター797、ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト、KTM・250デューク、トライアンフ・ボンネビルボバーを、“見て、触って、またがれる”車両として展示しました。

 

どの車両も、女性にオススメの乗りやすさや特別感のある車両ばかり♪ スタッフのサポートのもと、“女性優先!”で気軽に車両にまたがれるスペースになっていました。

 

ライディングポジションや足着きを、目の前の鏡でチェックできるのもレディスサポートスクエアのポイント。ひとりで訪れる女性も多く、男性の目を気にせず自分の感覚で車両と触れ合える貴重な場所となっています。

 

 

そしてLSS向かって右側半分は、こちらも恒例のレディスライディングウエアやグッズの展示スペース。新作ウエアを試着できたり、アウトレット品の販売もあったりして、東京モーターサイクルショー特別価格の掘り出しモノがたっぷり♪ またレディスバイクコラボグッズのキャップやニット帽、キャンプTシャツ、ゴールドウイン3シーズンジャケットなども特別大特価で販売しました!!

 

 

また、女性向けライディングギアが豊富なネットショッピングサイト、Baico(バイコ)コーナーでは、今まで要望の多かったライディングシューズの試着、購入が可能に。

なかなか女性サイズのライディングシューズが手に入らないという声も多く、「LSSで実際に試して買えてよかった!」なんて、うれしいコメントもいただきました♪

 

今回、シンイチロウアラカワとの完全限定コラボグッズとして、“ネコ型タンクバッグ・チャペ”を出品。数に限りがあったことで、早い者勝ちとなってしまいましたが、23日には完売! ※あまりの大人気ぶりに、新作がつくられるとのウワサも…。続報にご期待ください♪

 

 

そしてもちろん、今年もクシタニカフェがブース内にオープン♪ おいしいホット&アイスコーヒーを提供してくれました。

LSS内でのグッズ購入またはヘアセット、雑誌に付いている無料券で1杯交換できました。

 

バイクの好きな女性のなかには、キャンプ好きもたくさんいる!ということで、レディスバイクでは不定期でキャンプ特集を組んでいます。今回のLSSでは、キャンプグッズ&抱き枕(右側。商品名はその名も『綿嫁』)も展示しました♪ なんとこの一式、ゴールドウイン・ツーリングリアバッグ78に全部入ってしまうんです! バイクに積載したときの状態もわかりやすくパネルで表示しました。

 

 

その他、ヘルメットが当たっちゃうSNSキャンペーンを実施したり、スチームクリームのサンプル展示&プレゼントがあったり、レディスバイクで過去に企画したページの紹介パネルの張り出し、今年開催予定の第2回LBキャンプの告知スペースがあったり、女性限定のヘアセットのサービスなどなど、女性のバイクライフがより一層楽しくなるような企画&提案が盛りだくさんの内容でした。

 

 

さ・ら・に! 3日間をとおして、本誌に登場するモデルさんや有名人(!?)が遊びに来てくれました♪ 会えた人はラッキー!

 

これからもみなさんに楽しんでいただけるようにがんばります♪

ご来場いただいたみなさま、そしてスタッフにお声をかけてくれたみなさま、本当にありがとうございました!

 

 

 

協力:エスシーコスメティクス,TRYL,ビーズ

シェア

LINEで送る
Pocket