イベントレポート

日本で初開催! ホンダユーザーのためのイベント “Hondaモーターサイクルホームカミング”レポート

二輪製品のマザー工場にホンダユーザーを迎える

“ホームカミング(home coming)”を日本語に訳すと“家に帰る”になる。数多くのホンダ二輪製品を製作する熊本製作所(家)に、ホンダ製バイクで帰るという趣旨で、日本では初開催となるイベントだ。もちろん単にホンダのバイクに乗って、熊本製作所を訪れるという単純な内容ではない。

 

会場の一角にはホンダの名車が展示されているだけでなく、エンジンの内部パーツやカットモデルなどが展示。普段なかなか目にすることのできない車両や展示物を見て楽しめる。またHSR九州のドリームコースでは、現行のホンダ車の試乗会も行なわれ、大勢のライダーで盛り上がった。

 

 

さらに特別なコンテンツが工場見学だ。イベント当日の工場は休業だったものの、ホンダ車がどんな流れで製造されているのかを生で見ることができ、多くの来場者の姿を目にすることができた。ただし、見学できたのはホンダ車オーナーのみ。バイクのキーを見せないと、見学することができなかったのだ。加えてMotoGP日本グランプリを控えたLCR・Honda・IDEMITSUの中上貴晶選手のトークショーなども開催され、熊本製作所の地基地内は約2500人のホンダーユーザー・ファンであふれ返っていた。

 

 工場自体は休業であったが、スタッフが要所で説明を行なってくれた。基本的に参加者の撮影は禁止なので(プレスも撮影場所・方向が決められているほど)、来年開催されたら自分の目で見てほしい

 

とくに今回は熊本製作所内を自分のバイクで移動するという流れだったが、大勢のスタッフの親切なアテンドで迷う人も少なかっただろう。次回の開催は未定だが、2019年も開催してほしいイベントだった。

 

名車展示コーナーや試乗会受付、工場見学やトークショー、試乗会会場の場所が敷地内に点在。そのため移動はバイクでするが、愛機で熊本製作所内を走ることは滅多にない。各所にスタッフが配置され、迷うことはなかった

 

シェア

LINEで送る
Pocket