イベントレポート

2018-2019 FIM世界耐久ロードレース選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8耐レポート

 

 

11年ぶりに復活したカワサキファクトリーが26年ぶりに鈴鹿を制す

最終ラップで転倒もすばらしい走りで観客を魅了

鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下鈴鹿8耐)は、毎年7月第4日曜日に開催される真夏のバイクの祭典だ。2人ないしは3人のライダーが1台のマシンを乗り継ぎ、8時間走り続けて勝敗が決まる。国内はもちろん、海外のトップライダーたちが出場することもあり、毎年世界から注目を集めているレースの一つでもある。

 

今年の鈴鹿8耐は、5連覇を狙うヤマハファクトリーレーシング(ヤマハ)、ワークス体制2年めとなり優勝を狙うレッドブルホンダ(ホンダ)、そして11年ぶりに復活したカワサキのワークス・カワサキレーシングチーム鈴鹿8h(カワサキ)と、3メーカーがファクトリー態勢。11時30分にスタートを切った決勝レースは、第1回大会から出場しているプライベーターの雄・ヨシムラスズキや、昨シーズンの世界チャンピン・F.C.C TSR フランスホンダ、優勝経験のあるハルク・プロなども健闘したが、優勝争いの中心となったのは序盤からファクトリーのカワサキ・ヤマハ・ホンダだった。そして終盤、カワサキのジョナサン・レイ選手が前を行くホンダの高橋 巧選手を捉えてトップに浮上。チェッカーとなる19時30分まで、残り時間を考慮するとこのままカワサキが優勝かと思われた瞬間、なんとレイ選手が転倒。レースは赤旗中断、再スタートすることなくそのまま終了となった。これによって当初は、ヤマハが優勝となり表彰式も行なわれたのだが、その後の審議の結果、カワサキの勝利が決定。26年ぶりにカワサキが鈴鹿8耐を制した。

 

♯10 カワサキ レーシングチーム鈴鹿8h
スーパーバイク世界選手権で4年連続チャンピオンを獲得しているジョナサン・レイ選手。カワサキ優勝に大きく貢献した

 

優勝したカワサキレーシングチーム鈴鹿8h。ライダーにはジョナサン・レイ選手、レオン・ハスラム選手、トプラック・ラズガットリオグル選手を起用した

 

♯21 ヤマハファクトリーレーシングチーム

 

YZF-R1生誕21周年となるヤマハは、ヤマハのエースゼッケン21の原点であるTECH21チームカラーを復刻。鈴鹿8耐での5連覇を目指し、昨年と同じメンバーとなる中須賀克行選手、アレックス・ロウズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人体制で臨んだが2位と連覇を逃した

 

♯33 レッドブルホンダ

 

鈴鹿8耐でのファクトリー復活2年めとなるホンダは、高橋 巧選手、清成龍一選手、ステファン・ブラドル選手を起用。決勝当日、体調不良によって清成選手が欠場となるものの、高橋選手、ブラドル選手とも気迫ある走りを見せ、トップ争いを展開したが3位でチェッカー。エースの高橋選手は「これ以上ないほどの走りができたと思う。だからただただ悔しいです」とコメントした

 

シリーズチャンピオンもカワサキのチーム

鈴鹿8耐で優勝したのはカワサキだが、年間チャンピオンを獲得したものカワサキのマシンを駆るチームSRCカワサキフランス(以下SRC)だった2018-2019年シーズン。SRCはフランスの名門チームの一つで、これまではボルドール24時間とル・マン24時間を中心に参戦してきた。今シーズンはチャンピオン獲得のチャンスがあり、シーズン途中でフル参戦を決めたという

2018-2019シーズンフル参戦した日本のチーム

鈴鹿8耐は世界耐久ロードレース選手権の中の一戦。鈴鹿8耐に出場する多くの日本チームは鈴鹿8耐のみに参戦というのが多いが、なかには全戦出場している日本のチームもいる。それが#1 F.C.C TSR フランスホンダ(以下TSR)と、#4 エヴァRTウェビックタチチームトリックスター(以下トリックスター)だ。TSRは昨シーズンの世界チャンピオオンで、トリックスターは今シーズンはフランスのチームとコラボしての参戦。鈴鹿8耐ではTSRが4位、トリックスターが48位でチェッカー。シリーズランキングはTSRが世界2位!! トリックスターは世界15位となった。

 

♯1 F.C.C TSR フランスホンダ
監督は藤井正和氏。ライダーはジョシュ・フック選手、フレディ・フォレイ選手、マイク・ディ・メリオ選手の3人

 

♯4 エヴァRTウェビックタチチームトリックスター
監督は鶴田竜二氏。タチチームは家族が中心となったチームで、ライダー3人のうち2人は兄弟。タチチームの監督がその兄弟の父親

 

鈴鹿8耐で奮闘した若手たち

メカニック

#69 山科カワサキ&オートレース宇部with YIC京都・BRは、YIC京都工科大学の生徒たちがメカニックとしてチームに入っている。もともとレースが好きで同校を選び、鈴鹿8耐のチームスタッフに立候補する学生もいれば、観戦して興味を持ちチームに入った学生など動機はさまざまだが、全員がまさに一生懸命。メカニックなど、スタッフのなかにもこのようにレースに興味を持ち、支える若手がいるのだ。

 

イベント編

 

鈴鹿8耐は真夏のバイクの祭典ともいわれる。それはレースだけでなく、さまざまなバイクの催しが開催されるから。今年も二輪メーカーのブースや、試乗会、ライダーたちのトークショーなどが行なわれ、多くの来場者がそれらを楽しんでいた。

 

土曜日の夕方に始まる前夜祭では、レースに出場するライダーのトークショーやエクストリムショー、ナイトピットウォークなどが開催され、トークショーではライダーが意気込みなどを語った

 

シェア

LINEで送る
Pocket