イベントレポート

デスクロス走行会開催レポート!イベント名の印象とは裏腹に和やかな雰囲気のサーキット走行会♪

肩ヒジ張らない気軽さでサーキットを走れる

茨城県定番のミニサーキットとして知られるトミンモーターランドにて、デスクロス走行会が開催された。この走行会はもともとチーム“デスクロスMAX”の代表である稲田氏が、自身のバイクショップなどでつながった仲間内のみで開催しようとしたのがキッカケだったそうだが、仲間がその仲間を呼んでいつの間にか大きめの走行会に…となった催しとのこと。

 

そんな変遷をたどってきたのもあってか、この走行会はアットホームな雰囲気に包まれているのが特徴といえる。順位を争うわけでもないのでギチギチとした緊張感もなく、知り合い同士はもちろん、初めて会った人ともサーキット談義で打ち解けている印象だった。バイクのジャンルに指定がなかったり、普段のライディングジャケットで走れるクラスもあるのがその気軽さを強めていた。

 

“サーキットに興味はあるけど、装具もないし周りの人も恐い…”という人は、一度このゆるりとした気持ちで参加できるデスクロス走行会に参加してみてはいかがだろうか。詳細は未定だが次回も開催予定とのことなので、興味のある人はデスクロスMAXの公式サイトをこまめにチェックしてみよう!

デスクロスMAX 公式サイト

クラスは単純に速さ(スキル)ごとに設定されるだけでなく、ライディングジャケットでOKなクラスも用意されていた。また運営スタッフのざんちゃんさんの計らいで、女性のみが走行するクラスも設けられていた

 

走行する車両にジャンルの縛りがないのもこの走行会のおもしろいところ。定番のフルカウルもあれば、モタードもあり、さらにはスクーターもありと、多種多様な車両が切磋琢磨するようすは見ているだけでもおもしろい

 

会場となったトミンモーターランドAコースは、全長550mのミニサーキット。初めてでも気負わず走れる大きさで、フラッグの種類やコースイン・アウト時のマナーなどを学ぶのにも適しているかも

 

 

イベントの最後はじゃんけん大会で締めくくられた。タオルといった小物からチェーンクリーナー、トミンモーターランドの走行券など、豪華景品もあるから最後まで残っていたくなる!

 

シェア

LINEで送る
Pocket