イベントレポート

ライダーじゃない人にもバイクの魅力をアピール♪ 8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY開催レポート

 

今年は819(バイク)の日のイベントとして、東京急行電鉄の二子玉川駅すぐの商業施設に囲まれた人どおりの多い二子玉川ライズガレリア広場において、“HAVE A BIKE DAY”が開催された。

 

イベントのスタート当初は、業界関係者の姿の方が多く、“二輪車ユーザーをはじめ広く一般の方々へ、交通安全意識の啓発とバイクの日の社会的認知の向上を図るとともに、バイクの楽しさ・魅力を感じていただくため”という趣旨にそぐわないイベントになってしまうのでは?と不安を感じたけれど、午後になって、普段からこの場所を通過したりする人たちが立ち寄り、展示されたバイクにまたがったりとそれなりの盛り上がりを見せていたので、業界にたずさわる一人として胸をなでおろしたしだいである。

 

ただ、気になったのは開催する日(8月19日)にこだわりすぎて、平日にこういったイベントを開催し続けるのはどうだろう?というところ。せっかく芸能人や都知事といった人が登場するのであれば、より多くの人が集まりやすい8月19日付近の休日に開催した方が、多くの人に趣旨が伝わるのではなかろうか。

 

とはいえ実際に立ち寄った人たちに話を聞いたところ、「最近友人がバイクを手に入れていろいろと話をするので、ちょっとバイクに興味が出てきて、ちょうどいろいろと展示されていたので立ち寄りました」という若者だったり、「昔は乗っていたんですよ。今は子どもが小さいからムリですけど、またいつか復活したいですね」というお父さんがいたり、はたまた「バイクカッコいいよ」という子どもがいたりと現在ライダーじゃない人にもアピールできていたという点においては、いいイベントだった。

 

当初予定されていたレイザーラモンRGさん、バッファロー吾郎・竹若さん、とろサーモン・村田さんに加えて、チュートリアルの福田さんなどバイク好き芸人がステージやYouTubeライブ配信でイベントを盛り上げた

 

今回のイベントの目玉的なコンテンツともいえたのが、タレントの大原優乃さんによるヘルメットのあごひも適正着用ステージ“ナマカチャ”。彼女が実際にヘルメットのあごひもを装着してくれた♪

 

警視庁も力を入れていて、クイーンスターズによる交通安全ステージにはピーポ君も一緒に登壇し、クイズ形式で交通安全意識の啓発を行ない、エアバックの体験では勇気あるチャレンジャーがエアバックの作動を身をもって体感する手伝いをしていた。また車両展示エリアには白バイを展示し、子どもたちの撮影エリアとして大いに盛り上がっていた

 

シェア

LINEで送る
Pocket