トピックス

ネクスコ東日本のSA・PAで味わえる!お肉メインの新メニュー。2019年5月末までの期間限定です♪

 

ネクスコ東日本とネクセリア東日本が管内SA・PAグルメの頂点を決める“NEXCO東日本新メニューコンテスト”が2月28日に開催されました。

北海道から新潟までの全140店舗から“フォトジェ肉(フォトジェニック)”をテーマとした121品がエントリー。お肉をメインとしたワンプレート料理には地元食材が使われ、どれも新メニューとして5月末まで食べられるとのこと。

 

 

今回の決勝は、地方選を勝ち抜いた12品からグランプリを選出するもので、審査項目は味はもちろん、SNS映えするかどうか、価格に対する満足感はあるか、などなど多方面からの厳しい審査が行なわれたのですが…、結果ははたして!?

 

結果発表!

グランプリ 常磐自動車道 友部SA上り
茨城にメロメロ~素晴らしき茨城の“食”に愛を込めて~ 1,200円(税8%込)

 

白いマーボー豆腐に、常磐牛のショウユ風味の焼肉が乗ったロコモコ丼。プレートにもこだわっていて、食べ進めていくうちに崖が現れるという遊び心がおもしろい!

受賞者コメント「前回グランプリをいただき今回はシード権で出場しました。おいしいものを出すのは当たり前というプレッシャーがありましたが、地元茨木の魅力あってこそ今回も受賞することができました。」

 

準グランプリ 東北自動車道 前沢SA上り
タワー・オブ・マエサワ 1,200円(税8%込)

 

バーガーには甘みが味わえる前沢牛、臭みのない四元豚におからを混ぜ込んだメンチカツがサンドされます。チキンは衣に南部せんべいが使用され、外はカリカリ中はジューシー。

 

準グランプリ 東北自動車道 長者原SA上り
宮城の“杜”だくさんプレート 1,080円(税8%込)

 

和風のライスバーガーにサンドされているのは漢方和牛と漢方三元豚。ツナギを使用していないので肉本来の旨味と触感が味わえます。

 

審査員特別賞 東北自動車道 上河内SA上り
美味しい栃木の花畑 福が咲くごちそうプレート 1,200円(税8%込)

 

とちぎ和牛匠、とちぎ霜降高原牛、那須野ヶ原原牛の3種が楽しめるお寿司。それにカラフルな野菜の飾切り、生ハム、タマゴがSNS映え間違いナシ!

 

審査員特別賞 常磐自動車道 Pasar守谷上り 茨城もりの市場食堂
チャイニーズダイニングMoriya 肉と野菜のお・も・て・な・し 1,200円(税8%込)

 

ヘルシーな蒸し料理が中心。バラをイメージしたローズポークのシュウマイは一気に蒸し上げられているので皮までふっくらです!

 

他に選ばれたメニューたち

関越自動車道 上里SA上り
J3PLATE 上毛三山【赤城山・榛名山・妙義山】の輝 1,200円(税8%込)

 

上州麦豚ハンバーグはグリル、赤城どりは塩麹で漬けて天ぷらに、群馬県産の豚はローストされるなどいろいろな調理法で仕上げられたお肉が魅力。

 

上信越自動車道 横川SA上り
ぐんまの森 横川 がぶりつきプレート 1,200円(税8%込)

 

十石みそのタレが香ばしいスペアリブの迫力と、野菜の彩がフォトジェニックなワンプレート。イタリアン風に味付けされているこんにゃくがめずらしい。

 

東北自動車道 菅生PA上り
極!森林どりディッシュ 960円(税8%込)

 

竹鶏卵を使用したオムライスに、スパイシーなキーマカレーがかかったものは東北の連峰・蔵王をイメージ。森林どりのスープはホッとするやさしい味です。

 

東北自動車道 米山SA上り
新潟三昧彩りごはんプレート 1,200円(税8%込)

 

越の鶏の竜田揚げは大根おろしとテリヤキソースでサッパリと。シチューは赤ワインでじっくり煮込まれデミグラスソースで仕上げられています。

 

上信越自動車道 横川SA上り
森の散歩道 1,200円(税8%込)

 

軽井沢の森がイメージ。ドライカレーには上州牛と上州もち豚、信州ハーブ鶏を使用。低温調理されたあらびきのひき肉はジューシーです。

 

東関東自動車道 湾岸幕張PA下り
~ちばの恵み~千葉県産“恋する豚”のCHI-BAプレート 1,200円(税8%込)

 

千葉県産・恋する豚は真空低温調理でしっとり柔らか。特製の梨ジャムや山芋のグラタン風、ピーナッツと牛乳のプリンなど地元食品がふんだんに使われています。

 

道央自動車道 輪厚PA上り
大雪さんろく笹豚焼き肉プレート 1,200円(税8%込)

 

食欲が刺激される焼き加減にこだわった焼き豚に、国産カマンベールのコロッケは食べ応えあり。インカのめざめが使用されたポタージュは甘みがあります。

 

造り手のキモチが伝わるコンテストでした

 

委員長コメント「どれもおいしく、審査がムズかしかった!気持ちは全部のメニューが優勝としたいほどです。本コンテストも回数を重ねてきて、作り手の一体感が増してきているのを感じました。それはきっとお客さんにも伝わると思いますので、今後も頑張ってください。」と参加者にコメントしていた。

 

グルメだけでなく、最近は公園やテーマパークが併設されているなど充実しているSA・PA。ツーリングの目的地として設定しても楽しめると思います♪特設サイトでは全121メニューの詳細、販売時間などをチェックすることができますので、ぜひご覧ください!

 

詳細はコチラ!

シェア

LINEで送る
Pocket