トピックス

【TMS2019・カワサキ】カワサキは最新モデルと起源的モデルで歴史を振り返りつつ最先端技術をアピール!

カワサキは「第46回東京モーターショー2019」(プレスデー:10月23日~24日、一般公開日:10月25日~11月4日)に、ワールドプレミアとなるニューモデル展示のほか、カワサキの歴史に焦点をあてた展示を予定。

650-W1

カワサキ 650-W1

 

1965年の第12回東京モーターショーで展示したX650をベースに、翌年650-W1として販売を開始した650-W1。キャンディレッドとクロームメッキのコントラストが美しいガソリンタンクや、当時国内最大排気量624㎤のエンジンが発揮した最高速度185㎞/h、0-400m13.8秒など、アメリカ市場を見据えて生み出されたW1は高く評価され、カワサキが世界的なビッグバイクメーカーとして知られる起源となりました。その記念すべきモデルを今回の東京モーターショーでも展示されます。

Ninja H2 CARBON (2019)

カワサキ Ninja H2 CARBON

 

ガスタービンや航空機用エンジンの技術を応用して生まれた、完全社内設計のスーパーチャージドエンジンをさらに熟成させたニンジャH2カーボン。吸気チャンバー内のデフューザー追加などで実に231psを発揮し、怒涛の加速力を発揮するカワサキ最高峰モデル。また小キズを自己修復するハイリーデュラブルペイントの採用など、最先端モデルとして東京モーターショーに展示。

KLX230

カワサキ KLX230

 

KLX230は新設計の232㎤単気筒エンジンと新設計のペリメターフレームを組み合わせ、モトクロッサーKXを連想させるデザインでスリムな車体にまとめた新しいデュアルパーパスモデルとして登場。低中回転域のパワー向上、車体軽量化、デュアルパーパスモデル用新型ABSなどを採用し、幅広いユーザー層が楽しめる性能を追求しています。

 

ほかにも鈴鹿8耐優勝記念の展示や、謎のベールに包まれた車両の出展も予定

また、鈴鹿8耐での優勝を記念して、勝利マシンをトロフィーと共に展示し、カワサキのレース活動を応援するファンに向けた内容も予定しています。

 

そのほかの出展車両は10月23日当日に発表予定です。

東京モーターショー公式ページ

シェア

LINEで送る
Pocket