バイク相談室

洗車のやり方(後編)

傷付きやすい塗装部分や透明なプラスチックのパーツなど、主だった外装部分を洗い流したら、次に下まわりの細かい部分を洗っていく。エンジンや足まわりなどは部品の凹凸が多い部分なので、汚れがたまりやすい。逆にこの部分をきれいにすることで、バイク全体が見違えるようにきれいになるので、念入りに洗いたい。

エンジン

ネイキッドやアメリカンなどのモデルは、エンジンが露出しているので汚れが気になる部分だ。用意したいのは小さめのブラシや使い古しの歯ブラシなど。これらを洗剤に浸しながらエンジンのフィンの間をこする。バイクによっては溝が深い場合もあるので、毛足の長めのブラシも用意しておくと洗いやすい。

 

フィンの間までブラシを使ってゴシゴシとこする。フィンの断面が鋭利な場合もあるので手を切らないように注意すること
エキゾーストパイプのようにブラシでもスポンジでも洗いにくい部分は、泡立てた軍手を両手にはめてこすると便利

足まわり

いくら外装がきれいでも、タイヤまわりが汚れていると全体に薄汚れて見えてしまう。奥まっていて手が届きにくい部分もあって面倒なことも確かだけど、がんばってきれいにしたい部分だ。基本的にはブラシを使ってホイールやブレーキ、サスペンションなどを洗剤をつけながらこすっていくのだが、チェーンオイルの飛び散りなどのせいで油っぽい部分なので洗剤を多めに付けてよく泡立てよう。ホイールは特に手が届きにくいところもあるが、バイクを少しずつ動かして洗っていない場所を手前に持ってくるなどして、ホイール全体をきちんとこすってあげよう。

 

ホイールはブラシで洗うのが便利。もちろん、手が届きにくいけどスポンジでもOKだ
ブレーキキャリパーやリヤショックなども凹凸の多い部品。スポンジよりもブラシの方が洗いやすいだろう
マフラーもエキゾーストパイプと同様、泡立てた軍手を両手にはめてこすると便利だけど、意外と傷つきやすいパーツでもあるので、砂や土でざらざらしていない、きれいな軍手を使ってやさしく洗う
このようにスポークホイールだったら、ぼろ布を使って一本ずつ磨いていく。かなり地道な作業だけどやるとやらないでは仕上がりに大きな差が付く

仕上げ

車体をすべて洗い終わったなら、洗剤が残らないよう、もう一度全体をきれいな水で流そう。これは洗剤が残ると白っぽい跡が拭きあげた後も消えないから。軽く手でこすりながら、食器を洗い流すのと同じような感じで流すといい。すっかり洗剤を流し終わったら、乾いたきれいなウエス(雑巾)で吹き上げる。このとき決して汚れたウエスを使わないでほしい。せっかくきれいにした愛車を傷つけてしまうからね。同じ理由から作業の途中にウエスを地面に置いたりするのもNGだ。

 

拭きあげのコツはとにかく手早くやること。拭きあげる前に乾いてしまうと、やはり跡が残ってしまう。そして拭きあげの順番は、洗剤で洗っていったのと同じ順番でやろう。すなわち、傷つきやすい部分から拭いていくのだ。これもウエスが汚れてしまう前に傷つきやすい部分を済ませるためだ。あとは拭き残した部分を乾かすために近くを数km程度走ってくれば終了だ。ただしブレーキに洗剤などが残っていることもあるので、走りだす前にブレーキの効きを確認してからスタートしよう。

 

バイク用品店などで売っているワックスを使うと車体表面にツヤが出るので、拭きあげの後に外装などに使ってみるのを勧める。とくに黒や紺などの濃い車体色には見ための効果が高い。ただし、ヘッドライトやブレーキディスクなどには使用しないこと
最後に洗剤で流れおちてしまったチェーンオイルを補給しておこう。ただし付けすぎると飛び散ってホイールなどを汚すのでほどほどに

 

シェア

LINEで送る
Pocket