バイク相談室

グローブって必要なの?

ヒトの皮膚は薄くて破けやすい。とくに手は、もっとも外部と接触することの多いところだから、その分だけリスクを負っている。ましてバイクに乗るというのであれば、通常ありえないスピードに身をさらすことになるワケで、なおのことあぶなっかしくてしかたがない。

 

たとえばちょっとした立ちゴケであっても、私たちは自然な反応として真っ先に手を地面に着けてしまう。グローブをせずに素手で地面に手を着けたとあれば、これはもうすり傷はまぬがれない。しかも、アスファルトはタイヤのグリップをよくしたり、水はけをよくするためにボコボコしていたりして、まるでオロシガネ…。こんなところでスピードを出しながら転倒したら…?もう、考えるだけで痛いよね。

 

要するに、グローブを装着する一番の理由は手の「保護」にある。これはなにも転倒したときに限ったことではない。アクセルやクラッチの操作も、長時間ずっと休みなく続けば手のひらがつらくなる。グローブをしていてもマメができてしまうくらいなのだから、素手では手のダメージもケタ違い。

 

グローブを装着することで手(と腕の筋肉)の疲労はかなり抑えられるし、汗ですべることもなくなるので操作性も向上する。「保護」の範囲は決して狭くないのだ。

 

冬場の「防寒」も、結局は「保護」を目的としている。1月とか2月に素手でバイクを運転したことがあるだろうか(ないとは思うけれど…)?ものの数分間走るだけで指先の感覚が失われてしまうはず。そんな状況でバイクを運転すれば、楽しむどころでないのはもちろんのこと、操作を誤って事故を起こしてしまうことだって考えられる。だから厳冬期には、指先まで暖かいというグローブはそうそうないにしても、不安がない運転ができる程度に暖かいグローブが必要。ぜいたくを言えば、雨にも対応できるともっといい。透湿防水素材やネオプレインを採用したモデルであればなお安心だ。

 

グローブの種類

 

ショートタイプは形状にかさばったところがなく使い勝手がよい。厚手のウインタージャケットを着ていても、手首にさほど干渉しないので装着しやすい。もっともスタンダードなタイプ
ロングタイプは手首をすっぽり覆うことができるため、防風性・防寒性にすぐれ、なおかつ防御力も高い。ウインターグローブに多く見られるが、脱着に少々手間取ることも
オフロードに特化したグローブは操作性を最優先としているので、素材には薄手のナイロンを採用していることが多い。プロテクターも付いているけれど、できるだけかさばらないような配慮がなされている
たとえば長期のツーリングに出かけるとなると、行程中いつ雨に遭うかわからない。透湿防水素材を採用したモデルであれば、たとえいきなり雨に降られても大丈夫(少なくとも手は…)
レーシンググローブは一般道ではありえないスピードで競走するロードレース向けに作られたもの。素材は革がメインで、拳や指の部分の保護に特化。操作性を損なわせぬよう最大限の配慮がなされている
グローブはまぎれもなく実用品で、なおかつ消耗品ではあるけれど、ファッションの観点からも重要なギア。近年、デザイン性の高いレディースブランドも立ち上がってきている

さて、一口にグローブといっても、いくつかの種類に分けることができる。

まず、ところどころに硬質素材(プラスチックやカーボンなど)のプロテクターを付けたレーシンググローブ。これは、運転に悪影響をおよぼさないことを前提に防御力を最大限まで高めたもの。ちょっと見た目が大げさなのと、乗るバイクによってはビジュアル的な相性がよくないのが難点だけれども、安全性と操作性のバランスはバツグンだ。

 

次に、ツーリングユースを想定した全天候型のグローブ。繰り返しになるけれど、ゴアテックスなどの透湿防水素材を採用しているので、突然雨に降られようと体温を奪われずにすむ。また、プロテクターも付いていることが多く、安全性と耐候性に特化している。

 

速度域がオンロードに比べて低く、地面が土を想定したオフロードグローブは伸縮性の高い素材を採用していて、薄手で軽いものが多い。ゴム製のプロテクターを付けたものが多いけど、基本的には操作性を最優先したものが多く、フィット感を大切にしている。

 

ところで、グローブの素材はレザー(一般的なのは牛革と鹿革)かナイロンなどの化学繊維かで大きく分けられる。形状については、手首をどこまで覆うかがポイント。ショートタイプはウエアの手首の厚みを問わず装着しやすいけれど、ウエアとの間にすき間をつくることもあって、走行風が入り込んでしまうことがある。ロングタイプは手首まで覆うので防寒のみを考えるとベストな選択肢だけれども、ウエアとの相性がイマイチだと装着しにくいこともある。(ウエアの手首部分に厚みがあると窮屈だ)一長一短といったところ。ちなみに、ウインターグローブは防寒が目的なので、手首まですっぽり覆うことのできるロングタイプが多い。

 

さて、今回はグローブの必要性について説明するにあたって、実用性に注目したけれど、それと同じくらい大切なのはやっぱり「デザイン」。ウエアの好みやバイクの種類、素材感やカラーリングなど、いろんな要素と照らし合わせて選んだお気に入りは、きっとバイクライフの彩りとして、より広い意味での「必需品」になる。なにもグローブに限ったことではないけれど、モノ選びってとっても楽しいものなのです。

シェア

LINEで送る
Pocket