バイク相談室

バイクカバーって必要? キレイに保つ保管方法を教えて

 

 

せっかく気に入って手に入れた愛車なのに、いつも雨ざらしで屋外に放置。…なんて、事態は避けたいもの。そりゃできれば屋根の付いたガレージにバイクを置きたいけれど、物理的に無理なんだよなーという人。スペースがなくてもできる愛車をキレイに保つ保管方法を一緒に考えてみましょう。

理想の保管方法とは?

湿度調整がなされた屋根付きガレージで保管というのが理想だろうけれど、現実はそうはいかない。それに、バイクは移動するための機械だから、ガレージにしまいっぱなしにして動かさないでおくよりは、定期的にキチンと動かして消耗品を交換してあげる方がコンディションを維持しやすい。つまり、汚れや劣化を気にしすぎて動かさないよりは、ちゃんと小まめに乗ってあげた方が愛車のためになるってこと。だから、あまりに気合を入れて保管をしすぎてバイクに乗るのが面倒に感じてしまうようでは本末転倒。自分が続けられる保管方法を考えよう。

まずはバイクカバーから

 

一番手軽で即効性があるのはバイクカバーをかけること。雨風や直射日光を防いでくれるというだけで、バイクの汚れや劣化の進行度合いは大きく違ってくる。ただし、あまりに値段の安いモノに飛びつくと、マフラーの熱でカバー自体が溶けてしまったり、すぐに雨漏りをするようになったり、破れてしまったりすることもあるので、きちんとした製品を選ぶようにしよう。

また、雨や直射日光は防げても地面からの湿気などは防ぐことができないので、バイクカバーを被せたまま長期間放置していたら湿気がたまってしまいサビや劣化が進行していたということも起こり得るため、定期的にカバーを外してきちんと乗ってあげることを心がけよう。

 

組み立て式のガレージもあり

 

自宅の敷地内にある程度のスペースを確保できるという人には折り畳み式の簡易ガレージもオススメ。バイクカバーのように被せたり取り外したりをしなくてもいいし、モノによっては地面からの湿気も防いでくれる。その他、屋根の付いたガレージとまではいかなくとも、カーポートのような屋根の付いた場所を作ったりするのも有効だよ。

 

シェア

LINEで送る
Pocket