イベントレポート

ライダー歓迎のまち・小鹿野♪ 2017年10月1日『第8回おがのライダー宿』レポート

 

“ライダー宿”を宣言し、10年近く前からライダー歓迎の町おこしを行なっている埼玉県小鹿野(おがの)町。

秩父地方の当地グルメでもある巨大な“わらじカツ丼”も有名なこの町で、今年8回目となるライダーのためのイベントが開催されました。

 

 

もともとはバイクレディに向けた『レディスライダー宿』として毎年開催されていた同イベント。

今年からはより幅広いライダーに向けたイベントとなるべくイベント名を一新! バイクレディへのおもてなしや心づかいはそのままで、今年も盛り上がっていましたよ♪

 

 

まずは朝10時から行なわれた“美乗コン”。

ライディングレッスンとコンテスト要素が合体☆ 現在は休館中のバイクミュージアム『バイクの森おがの』駐車場を使用した特設コースで、美しく乗るためのレッスンが開催されました。

 

 

レッスン修了時には審査員による、当日“より美しく上達した人”に美乗コン各賞が贈られます。モーターサイクルジャーナリストであり、指導員資格も持つ小林ゆきさんをはじめ、個性的で経験豊富な講師陣がライディングのコツを伝授してくれました。

 

 

指導の結果、メキメキと実力を上げる参加者のみなさん! イキイキと楽しそうに走る姿からは“バイク大好き!”があふれているようでした♪ 修了証の授与式と気になるコンテストの結果は、休憩をはさんでメイン会場ステージで…、とのこと。

 

 

今度はメイン会場のようす。ステージのまわりにはイスとテーブル、協賛店のブースが並び、来場者はまったりとライダー同士の交流を楽しんでいました。

 

メインステージでは“おがのバイク娘”こと声優でタレントの難波祐香さんがMCを務め、小林ゆきさんトークショー、安全祈願祭典、BS11バイク専門番組“MOTORISE”に出演中“biko(バイコ)”の古澤 恵さん、延時成実さん、下川原利紗さんのトークショー&ジャンケン大会などが順次始まり、来場者と一緒に笑い合いながら和気あいあいとした雰囲気で盛り上がっていました。

 

 

イベント中は商店街の広域が会場ということもあり、来場者たちは“自由な街歩き”という形で歓迎のおもてなしサービスを受けられるのもこのイベントの特徴。

小鹿野の古きよき街並みをながめながら、さまざまな協賛店でお茶のサービスなどを受けられました。

 

 

申込制の“イケメン若旦那と街歩き”では、会場で受け付けをすれば、小鹿野の歴史ある街並みを若旦那さん、小鹿野まちガイド、bikoメンバーと一緒に散策でき、小鹿野のまちをもっと身近に感じられました。

温かい女将さんたちとの触れ合いもおがのライダー宿ならでは。昭和の香り残る町で、駄菓子屋さん発見!なつかしい~。また、小鹿野は歌舞伎も有名で、出店では歌舞伎風ボディペイントが楽しめたり、歌舞伎にちなんだ看板があったり、有名役者のポスターが貼ってあったり。

 

 

お昼休憩をはさみ、いよいよ美乗コン結果発表。

無料の秩父銘仙着付け体験で、女性ライダーたちが大変身♪ メイン会場は一気に華やぎます。修了証の授与と記念品の贈呈も無事に行なわれ、みなさんの顔にはさらに満開の笑顔が咲きました。

 

“普通の”バイクイベントとはひと味違った、おがのライダー宿。町とライダーが真に向かい合えるイベントとして、来年のさらなる進化が楽しみです。

 

 

開催日 2017年10月1日(日)
開催場所 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野1768周辺
主催 ウエルカムライダーズおがの
WEBサイト http://www.bike-ogano.jp

シェア

LINEで送る
Pocket