イベントレポート

自立した、強く、美しい女性ライダーへ。カワサキの新作アパレル発表会レポート in マーチエキュート神田万世橋

 

ライフスタイルのなかに、“kawasaki”を取り入れる――。

カワサキが新たに提案する、女性へ向けたコンセプト、

“BLACK ELEGANCE”。

 

自立した、強く、美しい女性に似合う、

純粋な“黒”の輝き。

このウエアをまとえばきっと、もう一歩理想の自分に近づける…。

そんな風に思わせてくれる力がこの服にはある。

 

 

2018年2月22日(木)、東京・秋葉原駅から徒歩5分にある“カワサキショールーム マーチエキュート 神田万世橋”にて、女性向けアパレルの春夏コレクションが発表されました。

 

ライダーでもあるデザイナーがデザインを手がけ、パリ展示会には毎シーズン参加し新進気鋭のブランドとして国内だけでなく世界中のバイヤーから注目を集めているというSEVESKIG(セヴシグ)とのコラボレザージャケットや、国産Tシャツの先駆け・久米繊維が生み出すファッショナブルなデザインTシャツなどがお披露目されました。

 

 

ニンジャ250/400とともに展示される、セヴシグのレザージャケット。左は光沢のある上質な素材を採用し、右は袖口に印象的なスパンコールデザインを採用(※写真はサンプル。発売未定)。

 

 

発表会では、ロックバンドの“I Don’t Like Mondays.”の生演奏があったり、NinjaやWといった、カワサキの人気モデルにまつわるアニメーション作品が流れていたり、さまざまな表現を用いたバイクのあるライフスタイルの提案が行なわれていたのが印象的でした。

 

そうそう、印象的といえば、このマーチエキュート神田万世橋のショールームをはじめ、カワサキプラザ各店では感性工学に基づいてお店作りがされているんです!

 

感性なのに工学!?ちょっと分かりにくいというか、正反対のように聞こえる言葉ですよね。すごーく簡単に説明してしまうと、人の印象を数値化してそれを統計的にまとめて整理することで、人が好印象を抱くような魅力的な店舗づくりができちゃうんですって。

 

たとえば、お店の外観であったり、内装の色使いであったり、リラックスできるBGMであったり、タイヤやオイルの臭いが気にならないような素敵な香りであったり、オリジナルブレンドのコーヒーであったりと、あらゆる部分に感性工学を活用した、“五感で楽しむ空間づくり”が行なわれています。

 

 

さらに、カワサキショールーム マーチエキュート神田万世橋では、ワークショップやライブ演奏など、定期的にイベントも開催されていますので、まだ行ったことがないという人はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

次はどんな仕掛けで楽しませてくれるのか。カワサキの動きから、ますます目が離せません♪

 

 

場所 マーチエキュート 神田万世橋 イベントスペース N5〜N7(東京都千代田区神田須田町1丁目25番地4)
期間 2018年1月13日(土)〜6月30日(土)
営業時間 11時〜21時(日曜・祝日は20時まで)
WEBサイト http://www.kawasaki-motors.com/lp/

シェア

LINEで送る
Pocket