イベントレポート

PCX ELECTRICも配属! “東京消防出初式” レポート

電動バイクの新たな活躍に期待

毎年、新春恒例の防火・防災記念行事として開催されている東京消防出初式。消防車両の分列行進、ヘリコプターや消防艇なども出動しての消防演技、江戸消防記念会によるはしご乗り演技といった、防火・防災に関するさまざまなコンテンツが用意された、老若男女問わず楽しめるイベントだ。実際、寒空の下にもかかわらず、屋外のステージは満員で屋内展示も含め、多くの人でにぎわっていた。

 

ヤマハのセロー250が、消防活動二輪車(通称:クイックアタッカー)として活躍しているだけでなく、今回の出初式ではもう一つ大きなニュースがあった。なんと、ホンダの電動スクーター・PCXエレクトリックの導入が決定したのだ。

 

まだ具体的な配属先や部隊名などは未定だが、今年度中には正式に発隊され、東京マラソンのような大規模イベントや災害時のレスキュー車両として、ガソリンエンジン車とは異なるEVならではのゼロエミッション(排気ガスを出さない)の利点を活かした活躍が見込まれている。

 

シェア

LINEで送る
Pocket