トピックス

[女性ライダーの足着きチェック]VFR800X(2018年撮影)

 

全長×全幅×全高:2,190×870×1,385(㎜)
排気量:781cc
シート高:835/815㎜
車両重量:246kg

 

身長:158㎝/体重:54㎏ 

 

コメント

このVFR800Xはシート下のボルトやカラーなどを外したり位置を調整することでシートの高さを835mmと815mmの2段階に変えることができます。

たった20mmの違いですが、実際に比べてみるとやっぱり安心感は変わりました。

 

Hiポジションでは、835mmのシート高。シートの上でオシリをズラした状態で、片足のカカトが浮く程度の足着き性です。両足は着きませんでした。

この足着き性でも、慣れてしまえば問題はないです。

 

Loポジションでは、815mmのシート高。シートそのものを変えることなく、ちょっとの手間で高さを2㎝も変えられるのがうれしい♪

片足がベタ着きしてくれるようになって、安心感はUPしました。

 

ライディングポジションに関しては、またがってみるとタンクまわりのボリューム感はそこまで気にならず、ハンドルまでの距離も突っ張ってしまうという感じはありませんでした。

停止するときや足を入れ替えるときなど、ステップの位置がちょっとだけ引っかかってしまったけれど、自分なりの“おさまりのイイ位置”が見付かれば快適に走り出せるでしょう。

 

 

 

HONDA VFR800X 製品ページ

 

その他の車両の足着きはコチラ!

シェア

LINEで送る
Pocket