イベントレポート

ヤマハオーナー&ファン1,400名が参加! “YAMAHA Motorcycle Day 2018” 初開催レポート

最新モデルが一足早く登場! 来年の開催にも期待!

ヤマハオーナー/ファン全体に向けたミーティングイベントとして各車種ごとのミーティングが統合されたヤマハモーターサイクルデイ2018。東会場は事前申し込みの段階で2,000名を数えていたものの、当日はあいにくの雨…。しかし新潟県・苗場プリンスホテル駐車場には1,400名のヤマハファンが駆けつけていた。

 

朝8時ごろから次々とバイクが来場。来場車種は文字どおりバラバラだったが、雨天もあってか旧車はごく少数。MTシリーズなど現行車が中心だった

 

会場内にはヤマハ車両のフルラインナップ展示、盲導犬チャリティオークション、ワイズギアなどによるグッズ販売などが行なわれたほか、電動アシスト自転車YPJの試乗なども実施。さらにはNGKやブリヂストン、ダンロップなどの関係パーツメーカーのブース出展などでにぎわっていた。

 

また今回は前日14日に復活が発表されたSR400、さらに3輪スポーツバイク・ナイケンも登場。各モデルの開発者たちもすぐ側にいて、熱心なファンたちと交流し、意見を聞いていた。

 

残念ながら天候には恵まれなかったものの、ヤマハファンは各々ゆったりと会場を散策し、楽しんでいたようす。来年の開催も注目だ。

 

集合写真撮影は午前・午後の2回に分けて実施。なので遅めの到着でもキッチリと撮影してもらえるのだ。後ろに見える建物が苗場プリンスホテル。左手側がスキー場というロケーションだ

シェア

LINEで送る
Pocket