トピックス

トライアンフから特別仕様の新型TIGER 1200 DESERT SPECIAL EDITIONが登場!

トライアンフ 2020年モデル タイガー1200デザートスペシャルエディション イメージ

プレミアムな外観に見合ったスペックとコントパフォーマンスの両立をねらう新型タイガー1200

トライアンフモーターサイクルズジャパンは2020年の新型モデルとしてTIGER 1200 DESERT SPECIAL EDITIONをリリースすると発表。発売は2020年春を予定して、価格は265万円(税10%込)を予定している。

 

この新型タイガー1200デザートスペシャルエディションは砂漠地帯で行なわれるアドベンチャーからインパイアされて登場したモデルとなり、タイガーシリーズのうちミドルスペックとなるタイガーXCx仕様のセットアップをベースとし、さらにハイレベルの装備類を追加。ヨーロッパで人気のアロー(ARROW)製チタンサイレンサーやクラッチ操作なしでシフトアップ/ダウン可能な“Triumphシフトアシスト”を備えることで、アドベンチャーモデルとしての性能とコストパフォーマンスの両立を図るように設計されているのが特徴だ。

 

トライアンフ 2020年モデル タイガー1200デザートスペシャルエディション イメージ

 

性能面以外でもカラーリングには新型タイガー1200デザートスペシャルエディション専用で特別仕様車ならではの“DESERT EDITION”グラフィックと“SANDSTORM”ペイントを採用。また金属加工がほどこされた新しいSEラジエターバッジをあしらうなど、視覚的な差別化も図られている。

 

なお車体まわりは高仕様のブレンボ社製ブレーキシステムやセミアクティブサスペンションテクノロジーで制御されるダブリュピー製アジャスタブルサスペンション、ライディングスタイルや地形に合わせて20㎜の調整可能な2ポジションシート(シート高835~855㎜)、最高出力141ps/9,350rpm、最大トルク122N・m/7,600rpmを発揮する1,215㏄水冷並列3気筒エンジン、5つのライディングモード、コーナリングABS、トラクションコントロール、クルーズコントロールなどの電子制御系は従来の水準を維持した内容だ。

 

トライアンフ 2020年モデル タイガー1200デザートスペシャルエディション ダートを走行

TIGER 1200 DESERT SPECAL EDITIONのスタイリング
TIGER 1200 DESERT SPECAL EDITIONのスペック
全長×全幅×全高
-×830×1,470(㎜)
ホイールベース
1,520㎜
シート高
835~855㎜
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ 並列3気筒 1,215㏄
最高出力
104kW(141ps)/9,350rpm
最大トルク
122N・m(12.4kgf・m)/7,600rpm
タンク容量
20ℓ
車体重量
246㎏
タイヤサイズ
F:120/70-19・R:170/60-17
価格
265万円(税10%込)
発売時期
2020年春予定

タイガー1200デザートスペシャルエディション 製品詳細ページ

CONTACT

問い合わせ先
トライアンフモーターサイクルジャパン
電話番号
03-6809-5233
URL
https://www.triumphmotorcycles.jp/

シェア

LINEで送る
Pocket