トピックス

【EICMA2019】BMWモトラッドはFシリーズの新型2モデルを世界初公開、ほか多数の展示車両を用意

BMWモトラッドはEICMA2019で世界初公開となるF900R、F900XRを発表した。

F900R

 

F900Rは完全新設計された新型モデルで、エンジンは水冷4ストローク270度2気筒895㏄となり、最高出力105ps、最大トルクは92N・mを発揮させている。サスペンションもリヤのみだが最新のESAセミアクティブサスペンションシステムを採用する可能性があるとのこと。走行モードは2タイプが用意される。

 

 

F900XR

 

F900XRはF900Rと同じエンジンを採用するモデルで、アグレッシブなスポーツ性能を持たせながら長距離・長時間走行でも軽快なライディングを楽しめることを重視した設計。スポーツアドベンチャーという立ち位置だ。さまざまなライディングモードやアダプティプコーナリングライトなどを付属している。

 

ともに発売日・価格は未定。

 

手前にあるのはS1000XR。S1000RRゆずりのエンジンを採用するスポーツアドベンチャーモデルで、右に見えるF900XRとはXRシリーズのファミリーモデルとなる

 

F900XR プロモーションムービー

 

コンセプトR18(CONCEPT R18)

 

また、クルーザータイプのカスタムコンセプトモデル、コンセプトR18(CONCEPT R18)も公開された。フロント21インチ、リヤ18インチの特徴的なスポークホイール、フィッシュテールのサイレンサーを備えつつ、車体はミニマムな構成。ポリッシュ仕上げの各部アルミパーツ、ティアドロップタイプのガソリンタンク、ピンストライプのペイントなどカスタムメイドのマシンであることを強くアピールしつつ、仕上げはブラスト、塗装、ポリッシュのみとすることで、50年代のテイストを色濃く反映させている。

 

 

CONCEPT R18 プロモーションムービー

 

ヴィジョンDCロードスター

 

コンセプトR18とは真逆の、最新鋭の電気バイクとしてヴィジョンDCロードスターも発表されている。こちらはすでに一度公開されているモデルだが、最新電動バイクとヘリテージ&ヒストリカルなコンセプトR18と対比させることで、BMWモトラッドの長い歴史を感じさせる展示内容となっているのだ。

 

R nineTやR1250GSなどBMWモトラッドの人気モデルも展示

シェア

LINEで送る
Pocket