トピックス

【EICMA2019】新型CBR1000RRは”R”が増えた!? ホンダがヨーロッパ向け2020年モデルを世界初公開

ホンダはイタリア・ミラノで開催されるEICMA 2019(プレスデー11月5~6日、一般11月7~10日)に出展されるヨーロッパ向け2020年モデルを発表した。

CBR1000RR-R

 

世界初公開となるのがCBR1000RRのフルモデルチェンジバージョン、CBR1000RR-R FIREBLADE/SPだ。MotoGPマシンRC213Vでつちかってきた技術を取り入れ、サーキットでの高いパフォーマンスを追求。エンジンも新設計で、水冷並列4気筒と構造は同じでも160kW(約217.5ps)/1万4,500rpmとハイパワー化。チタンコンロッドやアルミ鍛造ピストンで軽量化と高回転化も実現したという。フレームはアルミ製ダイヤモンドフレームで、高剛性ながら軽量化も追求されている。足まわりはというと新設計のリヤホイールでさらなる軽量化を追求している。SPタイプはフロントキャリパーにブレンボ社製を採用し、さらにオーリンズ製電子制御式フロントフォークとリヤショックを備え、さらに高い路面追従性とコントロール性を追求している。

 

SH125i/SH150i

 

ヨーロッパのシティコミューターとして支持されているSHシリーズもフルモデルチェンジ。新設計エンジン『eSP+』(※enhanced(強化された) Smart(洗練された・精密で高感度な) Power(動力・エンジン)の略)をホンダのスクーターとして初採用。4バルブ化による出力強化と、油圧式カムチェーンテンショナーリフターの採用によりフリクションを軽減させ、環境性能も高めたエンジンなのが特徴となる。フレームも新設計され、フロア下に燃料タンクを配置。シート下スペースは18ℓから28ℓに大幅拡大されている。灯火類もフルLED化され、ホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)や新設計のLCDメーター、USBソケット標準装備など、快適性と使い勝手の向上も期待できる内容だ。

 

Rebel 500

 

人気クルーザーモデル、レブル500は灯火類が新デザインのLEDに変更されるほか、アシストスリッパークラッチにより渋滞時やロングツーリングでの快適性向上を図っている。また、モデルコンセプト『ブラックアウトスタイル』を実現する工場装着の純正用品装着タイプとしてS Editionも設定された。

 

なお、CBR1000RR-R FIREBLADE/SPとRebel 500は日本での販売も予定されている。

ホンダ EICMA2019 出展概要

シェア

LINEで送る
Pocket