トピックス

さらばセロー! 1985年以来のロングセラーモデルにファイナルエディションついに登場

 

モトクロッサー的な尖った旋回性や走破性ではなく、山道から街乗り、ツーリングまで幅広く対応できるトレールモデルとして1985年の登場以来、幅広いユーザー層から支持されてきたセローシリーズ。2017年には排出ガス規制強化のため生産終了が発表されていたが、2020年1月15日に最終型となるSEROW250 FINAL EDITIONを発売し、ついにその長い歴史に幕を閉じることになった。

 

ファイナルエディションは1985年発売の初代モデルを彷彿とさせる2色の展開。(ホワイト/グリーン・ホワイト/レッド)」。カラーリングは当時を踏襲しつつ、グラフィックは現代的にアレンジされた。また、カラーフレームや燃料タンク上には『FINAL EDITION』エンブレムを配置。歴史あるモデルのファイナルにふさわしい上質感や特別感を演出している。

 

パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)

 

パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)

製品情報

製品詳細ページ

お詫びと訂正

12月5日配信の本記事には一部、不正確な情報がありました。記事内に「現在、ヤマハはセロー250などの後継モデル開発に取り組んでいる」という2017年発表のリリースを合わせて紹介しましたが、この古いリリースをもとに担当記者がヤマハなど関係各所に確認せず『2019年現在、すでにセロー250ファイナルエディションの後継モデルが開発中である』とみなされる表現で記事をアップしてしまいました。

 

編集部では現在、セロー250ファイナルエディション以降の後継モデルについて、開発状況などの確認ができておりません。このような不明瞭な状態で誤解を生じかねない記事を配信し、御迷惑をおかけしたことを読者のみなさま、並びに関係各位に深くお詫びいたします。

 

セロー250ファイナルエディション以降の後継モデルに関する情報が確認できましたら、本ウェブサイトなどであらためてご紹介したいと考えております。

シェア

LINEで送る
Pocket