トピックス

【東京モーターショー2019】バイクらしさをトコトン追求するカワサキのニューモデルは業界最注目!

噂は本当だった!並列4気筒250㏄モデルの『Ninja ZX-25R』が世界初公開!

 

少し前からほのかに流れていた『カワサキが並列4気筒の250㏄モデルを出す』という噂。それがホントに実現! ワールドプレミアとなったのが『Ninja ZX-25R』だ。

 

エンジンは新開発の水冷並列4気筒249㏄。フレームはニンジャH2と同構造の新設計トレリスフレーム。ラジアルマウントのモノブロックブレーキキャリパー、KTRC(カワサキトラクションコントロール)やパワーモード、KQS(カワサキクイックシフター)なども搭載。

 

発売時期は来年とのことで、意外ともうすぐ。価格は未定。まだ未発表の部分も多いが、現在唯一の250㏄クラスの直四モデルだけに、その性能にも期待したい。

 

 

スーパーチャージドエンジンを搭載し、最高出力200psのネイキッド『Z H2』も世界初公開!

 

そしてもう一つの隠し玉だったのが、ワールドプレミアとして用意された、スーパーチャージドエンジンを採用する『Z H2』。ネイキッドモデルという位置づけながら200psを発揮するハイパワーモデルとなっているのがもっとも大きなトピックスだが、近年のカワサキ車はイメージ以上に非常に扱いやすいので『Z H2』も安心して気軽に乗れるモデルになるはずだ。

 

よく見るとビキニカウルがフレームマウントになっていて、ヨーロッパやアメリカでの超高速域も想定した設計が見て取れる。スタイル的にもネイキッドとフルカウルスポーツモデルの中間的な造形ともいえるだろう。

 

川崎重工業グループ全社の技術の結晶ともいえるのがこのスーパーチャージャー。航空産業などのノウハウが込められていて、エンジンもスーパーチャージャー“付き”ではなく、スーパーチャージャー前提の設計となる

 

最新モデルや鈴鹿8耐優勝記念、ビックバイクのカワサキの歴史を振り返る展示も

 

そのなかの最新モデルとしては『KLX230』『Z900RS』『Ninja H2 CARBON』なども展示されている。

 

 

2019年鈴鹿8耐優勝車両ZX-10RRを中心に、優勝トロフィー、参戦ライダーの革ツナギも展示される。ちょうど『Z H2』や『ZX-25R』の裏側なので見落とさないように!

 

 

また最新モデルだけではなく『650-W1』や『カワサキ500メグロK2』、そしてそのテイストを色濃く反映する『W800』も展示。長い歴史を経て『ビッグバイクのカワサキ』と呼ばれるに至った原点と、現在の到達点である『Z H2』、さらには2019年鈴鹿8耐優勝車両『ZX-10RR』を併設することで、カワサキの歴史をアピールする内容となっている。

 

ぜひあなたもカワサキブースに足を運んでみよう

 

 

 

東京モーターショー2019 概要

東京モーターショー公式ページ

シェア

LINEで送る
Pocket