トピックス

155cm小柄ライダーの『少しは参考になるかも?』足つき&プチインプレ“TRIUMPH SPEED TRIPLE 1200RR”

どちらかというと小さい部類の155cmライダーによるインプレッション。小難しいことは書けないけれど、少しでも参考にしてもらえたらうれしい。

ライダースペック

身長:155cm/体重:46kg

小さいくせにシート高が高いバイクに乗りたがるバイク歴5年ライダー。以前はスーパースポーツを乗り回し、近頃はモタードに夢中。だがカフェレーサーやネオクラシック、スクランブラー系など気になるバイクが増え着実に大人の階段を上りつつある(?)

シートの細さが足つき性を抜群に向上

シート高830㎜で驚くことに両足のつま先が接地している。こう見えて不安定さは全くなく車体の安定感は抜群だ。自分にとってはこの数値だと両足が着くことは非常に珍しく、シートがかなり細く絞られている恩恵をもろに受けている印象。足つきのおかげで200㎏の重さを感じないので安心して乗車可能だ。

ポジションはスポーティでステップは後退しており、タンクがやや長いためハンドルは若干遠い印象。ただし、遠すぎずUターンなどの際にハンドルを多く切ってもクラッチ操作などには影響がないので小柄なライダーでも余裕のあるライディングポジションとなっている。

どこでも画になるクラシカルな見た目とは裏腹にスポーティな走行性能に注目

ストリートファイターモデルのSPEED TRIPLE 1200RSをベースに誕生したカフェレーサーモデルで、クラシカルな見た目だが乗り味はスポーツ性能抜群のスーパーバイクそのもの。車体にまたがりエンジンをかけ軽くスロットルを煽ってみると、3気筒エンジンならではの「ヒューン」という軽快なサウンドが聞こえてくる。クラッチミートするとなめらかに発進し、2速でスロットルを大きく開ければ力強い加速を見せ、細かい切り返しが必要になるコーナーが連続するような場所ではヒラヒラと軽快な走りが可能。セパレートハンドルでスポーティなポジションではあるものの、小回りも効くのでUターンも余裕でこなせる見た目に反した機動力を持ち合わせている。

 

前述したとおりスポーティな乗り味とポジションだが、どこにおいても様になるバイクとはまさにこのこと。例えばレンガ造りの建物の前に置いてあったとしても画になり、レザージャケットとレザーのブーツ。クラシカルなフルフェイスのヘルメットなどでキメても渋さと、目新しさを両立させる最高にバランスのいいバイクといえる。

全長×全幅×全高
-×758×1,120(㎜)
軸間距離
1,439㎜
シート高
830㎜
車両重量
200kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒・1,160㎤
最高出力
132.4kW(180ps)/10,750rpm
最大トルク
125N・m(12.8kgf・m)/9,000rpm
燃料タンク容量
15ℓ
タイヤサイズ
F=120/70-17・R=190/55-17
価格/カラーリング

228万5,000円(クリスタルホワイトストームグレー)/233万円(レッドホッパーストームグレー)      クリスタルホワイトストームグレー・レッドホッパーストームグレー

車両詳細ページ

CONTACT

問い合わせ先
トライアンフモーターサイクルジャパン
電話番号

03-6809-5233

URL
https://www.triumphmotorcycles.jp

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

レディスバイクの最新の情報をお届けします