イベントレポート

“2019 FIM トライアル世界選手権第2戦 ストライダー 日本グランプリ”開催レポート

世界のトップライダーたちが 日本でその巧な技術を披露

今年もトライアル世界選手権の日本グランプリが、6月8日(土)~9日(日)まで栃木県・ツインリンクもてぎにて開催された。トライアル世界選手権は5月26日にイタリアで開幕しているが、Women‘sトライアル世界選手権はこの日本GPが開幕戦。

 

ただし、昨年はTrial GP Womenと、Trial2 Womenの2クラスが開催されたが、今年は上のGPクラスのみだった。選手たちの要望もあり、昨年よりセクション(採点区間)のレベルが高くなっていたが、Women‘sのライダーたちはそのダイナミックなセクションを果敢にトライ。世界のレベルの高さを見せていた。

 

Women‘sの開幕戦、西村選手奮闘!!

 

日本からは唯一、全日本チャンピオンである西村亜弥選手の出場が認められ、スポット参戦。世界選手権では予選が開催されるが、その予選では西村選手が唯一ミスのないクリーンを出し、2日間行なわれた決勝では、両日とも9位という結果を残した。

 

 

なお、トライアル世界選手権の最高峰クラスとなるTrialGPクラスでは、唯一世界選手権にフル参戦しているフジガスこと藤波貴久選手が2日間とも3位表彰台を獲得している。

 

シェア

LINEで送る
Pocket