イベントレポート

どこを見てもハーレーだらけ! “ブルースカイヘブン”レポート

ハーレー好きライダーにとっては、もはや5月の風物詩的な印象さえある“ブルスカ”ことブルースカイヘブン。ハーレーオーナーを中心に今年も多くのバイクレディが参加していました

今年も大盛り上がりのブルスカ! ビッグアメリカンが列を成す

5月19日(土)・20日(日)、国内最大級のハーレーダビッドソンの祭典・ブルースカイヘブンが開催されました。当日は自慢の重低音を鳴り響かせたハーレーを中心とした車両が、広大な駐車場をあっという間に埋め尽くしました。来場者数は8000人にものぼったそうです。

 

 

映画などに出てくるハーレーはワイルドなイメージがありますが、そんなイメージに合った用品を取り扱うブースが立ち並び、飲食ブースもお肉がメイン。著名アーティストを招いた迫力のライブもあり、来場者もレザージャケットを着込んでいる人が多かったので、ブランドイメージどおりのちょいハードな雰囲気が会場を包んでいました。

 

大阪・堺に店舗を構えるハーレーダビッドソン南大阪ハイサイドの女性陣。悪天候にも関わらずみなさん自走で会場入りする気合の入りよう。車両も個性豊かでした

 

国内において、ここまで大量のハーレーを眺められことはまずないので、ハーレーに興味があるのであれば、来年はぜひ参加してみてはいかがでしょう。

シェア

LINEで送る
Pocket